最終更新日:2019/07/27

OMCカードってどんなカード?口コミや審査の難易度を徹底紹介

OMCカードはどんなカード?

OMCカードの審査難易度が知りたい

このように、現在OMCカードの発行を考えていませんか?

OMCカードはダイエーやイオンでの利用でポイントが貯まりやすいカードで、それら提携店をよく利用する方にはオススメの一枚です。

流通系のカードということで、審査の難易度もそれほど高くないと考えられます。

しかし、誰もがOMCカードの審査に通過するというものではありません。

では具体的にどういったカードで、審査基準はどんなものなのか?

こちらの記事ではOMCカードの特徴から審査難易度、そして審査に落ちる原因まで紹介していきます。

OMCカードの審査に落ちる3つの原因

  • ブラックリストに載っている
  • 多重申し込みをしている
  • セディナの別カードで延滞した過去がある

OMCカードの審査を有利に進めたいなら、あらかじめクレヒスを作っておくことをオススメします。

なぜならクレヒスは返済実績のことなので、クレヒスがある人は「返済能力の高い人」として判断されるからです。

クレヒスを作るカードがない」という方には、ACマスターカードがオススメです。

おすすめ度

★★★★☆

ACマスターカード

  • アルバイトでも20歳以上なら申込可能
  • カード発行可能か3秒で診断できる

OMCカードってどんなカード?

OMCカードは株式会社セディナが発行するクレジットカードの一つです。

旧「株式会社オーエムシー」の時代から発行されており、OMCカードとしては30年以上の歴史があるため、名前を聞いたことはあるという方も多いでしょう。

そんなOMCカードの概要は以下のとおりです。

OMCカード
年会費 1,000円(税抜)
国際ブランド JCB・MasterCard・VISA
ポイント還元率 0.5%〜1.5%
発行スピード 最短当日で審査結果の通知

このように、OMCカードは国際ブランドを3種類から選ぶことができ、年会費1,000円(税抜)で持つことができます。

年間の利用額が60万円を超えると次年度の年会費が無料になるので、頻繁にカード決済を利用すれば実質年会費無料で利用可能です。

また、OMCカードの還元率は0.5%〜1.5%であるものの、使い方次第ではさらに多くのポイントを獲得することができます。

以下では、OMCカードのポイント制度について解説していきます。

OMCカードはポイントが優秀

OMCカードはポイント制度が優秀なクレジットカードです。

通常は200円につき1ポイント貯まる0.5%の低還元率ですが、月間5万円以上の利用で翌月の還元率が1.0%となります。

またダイエーやイオン、セブンイレブンといった提携店での利用は常に還元率が1.5%です。

さらに、OMCカードはセディナが発行するカードなので、「セディナポイントモール」を利用することができます。

セディナポイントモールとは、セディナの会員限定のオンラインショッピングサイトで、そのサイトを経由してネットショップへアクセスすることでポイントが最大21倍になるサービスです。

提携ショップには楽天市場やYahoo!ショッピングなどがあり、それらのサイトで買い物をすることが多いなら、より多くのポイントを獲得することができます。

このように、OMCカードは基本還元率0.5%〜1.5%であるものの、使い方次第で最大21倍のポイントが貯まるお得なクレジットカードなのです。

OMCカードの審査難易度は高くない

OMCカードの審査難易度はそれほど高くないと考えられます。

なぜなら、セディナが審査・発行する流通系のクレジットカードですし、申し込み条件のハードルも高くないからです。

クレジットカードには信販系や銀行系など、発行元によっていくつかのタイプがあり、中でも流通系は審査難易度が低いとされています。

逆に、審査が難しいカードは銀行系の三井住友VISAカードや、航空系のANA VISA一般カードなどがあります。

また、OMCカードの申し込み条件は「高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な方」となっており、あまり厳しいものではありません。

通常のクレジットカードなら、20歳以上が対象であったり「安定した収入のある方」と表記されていることが一般的です。

その点、18歳以上の大学生や専門学生でも申し込みが可能なOMCカードは、比較的審査の難易度が低いと考えられます。

OMCカードの審査に落ちる3つの原因

とはいえ、誰もがOMCカードの審査に通過するというものではありません。

OMCカードの審査に落ちる原因として以下の3つが考えられます。

  • ブラックリストに載っている
  • 多重申し込みをしている
  • セディナの別カードで延滞した過去がある

ここからは、それぞれの原因について解説していきます。

ブラックリストに載っている

当然ですが、ブラックリストに載っている方は基本的にOMCカードの審査に通過することはできません。

ブラックリストとは信用情報に傷がついている状態のことで、過去に金融事故を起こした人は必ず記録されています。

具体的には、クレジットカードの返済の長期延滞や、自己破産や任意整理といった債務整理などの経験がある方は、ブラックリストに載っている可能性が高いです。

ブラックリストに載っている方は返済能力が低い人として判断されてしまい、どのカードも審査通過は難しいです。

多重申し込みをしている

別のカードに同時期に申し込みをしていると、OMCカードの審査に落ちる可能性があります。

なぜなら、短期間に複数のクレジットカードに申し込みをすると、カード会社は「一気に借りるだけ借りて踏み倒すのでは?」と怪しむからです。

このことを「申し込みブラック」と呼び、1ヶ月の間に3件以上の申し込みをすると半年間は申し込みブラックとして記録されることが一般的です。

たとえば、OMCカードに落ちた時の保険にと別のクレジットカードに複数申し込みをすると、審査が厳しくないカードも含めて全ての審査に落ちることがあります。

カード会社は申込者の収入状況から借入状況、申し込み状況まで把握できるので、カードの多重申し込みは危険です。

セディナの別カードで延滞した過去がある

セディナの別のカードで延滞したことがある方も審査に落ちる原因の一つです。

セディナは信販事業と呼ばれるカードの審査を行なっている企業で、OMCカードの他にも多数のカードの審査を行なっています。

他のカードで長期延滞した人は必ずリストアップされており、社内ブラックと呼ばれるセディナでのカード発行ができない状態の可能性があります。

たとえば、セディナが審査を行なっているエディオンカードで過去に長期延滞をした方は、OMCカードの発行が難しいかもしれません。

もしOMCカードの審査が不安な方はクレヒスを作っておくことをオススメします。

OMCカードの審査に不安があるならクレヒスを作ろう

OMCカードの審査が不安ならクレヒス(クレジットヒストリー)の作成をオススメします。

クレヒスとはカードの返済実績のことで、クレヒスがあれば「返済能力が高くて責任感がある人」として判断され、審査を有利に進めることができます。

たとえば、定期的にカードの延滞をしている人よりも、毎月しっかりと返済を行なっているクレヒスがある人の方が信頼されます。

また、仮にOMCカードの審査に落ちてしまうと、その後半年間はOMCカードの発行は基本的にできなくなります。

そのため、OMCカードの審査を有利に進めるためにも、あらかじめクレヒスを作っておくというのも選択肢の一つです。

クレヒスを作るカードを持っていない」という方には、ACマスターカードをオススメします。

ACマスターカードの4つの特徴

ACマスターカードは消費者金融のアコムが発行するクレジットカードです。

ACマスターカードには以下の4つの特徴があります。

  • 最短で即日にカード発行
  • 年会費が無料
  • 独自の審査基準
  • アルバイトやパート、派遣社員でも申し込みが可能

ACマスターカードは最短で即日に発行できる上に年会費が無料です。

持っておくだけでもメリットはありますし、すぐにでもクレヒスを作りたいというときに利用できるカードでもあります。

さらに、独自の基準で審査を行なっているので過去の社内ブラックは関係ない上に、一般的には流通系のクレジットカードよりも審査難易度が低いとされています。

そのため、ACマスターカードは気軽に発行しやすく、クレヒスを作るのに最適なクレジットカードといえるのです。

ただし、ACマスターカードは付帯サービスやポイントがないので、メインで使っていくことはオススメできません。

ACマスターカードはクレヒスを作るためだけに利用し、将来的にはOMCカードに乗り換えるなどといった使い方がオススメです。

おすすめ度

★★★★☆

ACマスターカード

  • アルバイトでも20歳以上なら申込可能
  • カード発行可能か3秒で診断できる

OMCカードの口コミ

OMCカードの利用者であるペンネーム「ショウタ」さんに、OMCカードについてのお話しを聞かせていただきました。

ペンネーム ショウタ
性別 男性
年齢 32歳
カードの所有枚数 1枚
国際ブランド JCB
利用限度額 30万円
月間ショッピング利用額 5万円程度
主な用途 ネットショッピング

質問1.OMCカードを選んだ理由は何ですか?

私がOMCカードを選んだのは、インターネットでクレジットカードについて調べていたら、たまたまOMCカードの紹介ページを目にして興味を持ったことがきっかけです。

審査がそれほど厳しくないとのことだったので、あまり社会的地位が高くない私でも審査に通るだろうと思い申し込みしました。無事すぐに審査通過のお知らせを知る事ができたので良かったです。

あとは独自のポイント制度があるというのも、OMCカードに決めたきっかけのひとつではあります。やはりポイントがないクレジットカードよりもポイントがあるOMCカードの方が得だと思いました。

ほかにも、国際ブランドを3社から選べたことやリボ払いに簡単に変更できること、ネットで明細や支払額の調整などがしやすいのも決め手の一つです。

質問2.OMCカードを選ぶときに比較したカードなどはありますか?

はい。いくつかのカードと比較しました。その中でもOMCカードは年間の利用額が60万円を超えると、年会費が無料になる部分に惹かれました。

OMCカードはイオンやダイエーのポイントに強いので、イオンやダイエーでよく買い物をする私にとってその点では便利で得している感じがしています。

ただ、逆にいえば年会費を無料にするためには60万円分は利用しなければならないのかと思ってしまったりもします。ですが年会費がかかったとしても1,000円程度なので、実際はそこまではきにしていないです。

家族カードやETCカードを作れるのも便利だと思いましたし、これから利用するかもしれません。

それに、リボ支払いで支払う金額を調整できるので何かと便利です。お金が手持ちにあまりないときは支払いを低くできるのでそういう意味ではこのカードは気に入っています。

質問3.OMCカードで満足しているところや逆に不満なところはありますか?

やはりポイントが貯まりやすいところが満足できる点ですね。近所にイオンがあってよく買い物をしているので、とてもポイントが貯まって得している気分です。リボ支払いで支払額を5,000円程度にする事もできるので、高い買い物をするときにも使っています。

ただ高額な買い物もワンクリックで購入できてしまうとなると少し不安ではあります。

あとは、OMCカードはもう少し有名になってポイントが使えるお店が増えるともっと良いなと思います。今のところ私はイオンとダイエーくらいしかポイントの意味では使わないので、有名になってもっといろんな企業などと提携してほしいです。

とはいえ、おおよそクレジットカードとしては満足して使っています。

まとめ

OMCカードはポイントが貯まりやすいカードです。

イオンやダイエーでの利用だけでなく、セディナポイントモールを利用すれば最大で21倍のポイントを獲得できます。

審査難易度もそれほど高くないと考えられるので、カード発行の余地はあるでしょう。

とはいえ、誰もが審査に通過するわけではありません。

審査を有利に進めたい方はあらかじめクレヒスを作っておくというのも一つの選択肢です。

クレヒスを作るならぜひACマスターカードを利用してみてください。

クレジットカード・カードローン一覧

レイクALSA アコム 楽天銀行スーパーローン ACマスターカード JCBカードR

関連記事

楽天カードの審査に落ちたのはなぜ?再申込の前に試したい2つの方法

「楽天カードなら誰でも持てると思っていたのに…」

dカードの審査に落ちた…落ちた原因とすぐに結果が分かるカード2選

「ドコモショップですすめられて申し込んだけど審査に落ちた…」 …

auウォレットカードの審査基準が判明!5つの極意とおすすめの2枚

「auウォレットカードが欲しいけど、審査に通るかな…」

ACマスターカードまとめ|3つの重要な審査基準と即日発行の流れ

「ACマスターカードってどんなカード?」「何社か審査に落ちてしまって困ってる…

セディナカードが審査落ちした5つの真相とすぐにやるべき4つの対策

「審査落ちの通知が来たけど結局何が原因?」「コールセンターに問い合わ…