最終更新日:2017/11/07

クレジットカードのリボ払いは過払い請求できる?条件は金利18%以上

リボ払いとは?基本情報3つ

クレジットカードのリボ払いは、毎月自分の支払える額を指定して返済できる便利な返済方法です。

しかしクレジットカードのリボ払いはあまりに便利であるため、返済額を低いのに、クレジットカードをどんどんショッピングがキャッシングに利用し続けてしまうと、借金額がふくらみ過ぎて返済ができなくなってしまう危険性があります。

そうなった場合、過払い請求できるかというと、クレジットカードのリボ払いは過払い請求ができないことが多いです。クレジットカードのショッピング枠のリボだと過払い請求することはできません。

しかしキャッシング枠のリボで、その金利が18.0%以上だったのなら過払い請求することができるケースもあるようです。

1.リボ払いとは?リボ払いの仕組みって?

毎月の利用残高に応じて、月々の支払い金額が決まる方式を「リボ払い」と言います。

リボ払いの基本的な仕組みは、利用残高に比例して、月々の支払額(金利+元本)も増えていく仕組みとなっており、元本以外に必ず利息がかかる支払方式となっています。

2.リボ払いの支払い方法は?

まず、リボ払いは以下の2つに分けられます。

  1. 定額方式(毎月の返済額を1万円ずつと言った感じで、金額で決める方式)
  2. 定率方式(利用残高の10%と言った感じで、利用残高の割合で支払額を計算する方法)

現在、クレジットカード会社では①定額方式を採用している会社が多いです。定額方式は更に2つに分けることができます。

  1. 元利定額方式
  2. 元金定額方式

まず、元利定額方式とは、金利、元本で成り立っている毎月の支払額を常に定額とする支払方法です。

対して、元金払いとは、毎月の支払額の中の元本部分のみが一定額であり、金利部分は、返済が進むにつれて減っていくという方式です。

現在、クレジットカード会社の殆どは、元利定額方式を採用しており、元金定額方式を採用している会社は殆どありません。

元金定額方式だと、元金部分のみが定額であり、毎月の支払額が常に変わってしまう為、ユーザーにとっても、分かりづらいからでしょう。

ですので、クレジットカード会社が採用しているリボ払いを理解するには、元利定額払いの仕組みを知ることが一番良い方法です。

3.リボ払いの金利計算法は?日割りと月利で算出方法が違う?

リボ払いの金利計算方法は、次の通りです。

(日割利息)毎月の利用残高×クレジットカード会社が設定した金利÷365日(月利の場合は最後に×30日をして算出する)※延滞した場合はさらに遅延損害金もかかります。

監修者よりコメント

リボ払いについては、基本的には手数料がかかります。(クレジットカード会社によっては、期間限定で金利負担なしでリボ払いを利用できるキャンペーンを行っている場合もありますが)言うまでもありませんが、リボ払いは、出来る限り利用することなく、一回払いで済ませることをおすすめします。

リボ払いの一括返済について

一括払いはいつでも可能です。但し、クレジットカード会社が指定した口座に振込という形になりますので、振込手数料については、自己負担になる可能性が高いです。

尚、一括だけではなく、一部のみの返済も可能です。

一括返済できる場合安くなる?おおよそいくら?

利息については、日割計算になりますので、総額負担から考えると、利息は安くなります。いくら安くなるかは、一括返済した時点での利用残高、金利などによって異なりますので、一概には言えません。

具体的な例を一つ挙げると、例えば、エポスカードを利用して、10万円のエステサービスをリボ払い(金利15%、月々の返済額の増額無し)で購入したとすると、途中で一括返済無しで、最後まで支払った場合、24回払いで、利息の総額負担は18172円となります。これを12回目で一括返済した場合は、利息の総額負担は、11778円まで減ります。

リボ払いの一括返済の方法は?

基本的には、リボ払いで支払っているものを一括に変更することはできないはずです。ですので、クレジットカード会社が指定した口座に振込という形になることが殆どです。

リボ払いの一括返済の期日は?

一括返済は、ユーザーが任意で行う為、返済の期日はありません。

監修者よりコメント

クレジットカードのリボ払いについては、支払いの途中で、一括もしくは一部の繰上返済を行うことが可能です。一括(一部)繰上返済を行うことで、利息の総額負担も減りますので、余裕がある時は随時行うべきでしょう。

リボ払いの過払い請求について

クレジットカードのリボ払いは過払い請求できないことが多い

クレジットカードでリボ払いには高い金利がかかります。

そのため、返済額は低いのにどんどんクレジットカードを利用してリボ払いを続けていたら、返済が不可能になってしまう可能性があります。

しかし、そうなったとしてもクレジットカードのリボ払いを過払い請求することは基本的にはできません。

確かにクレジットカードのリボ払いには高い金利がかかっていますが、リボ払いで払う金利手数料は金利が高くても過払い金にはならないため、リボ払いは過払い請求ができないことが多いそうです。

キャッシング枠でリボの金利18.0%以上(元本10万円以下の場合は金利20%以上)なら過払い請求ができます

しかし、クレジットカードのリボ払いが絶対に過払い請求できないワケではありません。

クレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借り、リボ払いで返済するのに金利が18.0%以上であった場合、過払い請求をすることができます。

過払い金とは利息制限法の上限金利(年15~20%)を超えて金利が請求された払いすぎてしまったお金のことです。

クレジットカードのリボ払いの金利は15~18%と言われていますが、金利18.0%以上だと利息制限法に違法している可能性が出てきます。

その場合、クレジットカードのリボ払いであっても、過払い請求をすることができる可能性もあります。

条件はある?期日はある?

条件としては、金利18%以上(元本10万円以下の場合は金利20%以上)の利息を取られているのであれば、誰でも請求は可能です。

但し、過払い請求については、期日はありませんが、最終の返済日から10年という時効があります。(場合によっては10年以上経過していても、過払い請求ができるケースもあるようです。)

もし、過去に、クレジットカード、消費者金融に金利18%以上で利息を支払ったことがあるという人は、一度弁護士に相談するのが一番です。

ショッピング枠だと過払い請求ができません

クレジットカードのリボ払いが過払い請求できないことが多いのは、クレジットカードのショッピング枠での利用は過払い請求できないからです。

買物で過払いになるケースは、買物をするためのお金をサラ金などで借りて、その返済を分割払いしたら金利があまりにも高すぎて返済不可能になるケースです。

しかし、クレジットカードのショッピング枠での買物の場合、クレジットカード会社がカード会員の買い物をした物品購入費を立て替えたという扱いになっています。

この物品購入立替金の返済は過払い請求できないことになっているため、クレジットカードでの買い物をリボ払いにしていても、過払い請求をすることはできないのです。

監修者よりコメント

実は、筆者の知り合いで、ufjニコス、オリコ、ダイエーOMC(現:セディナ)に、個人で過払い請求を起こした人がいます。

過払い請求については、利息を計算するソフトウェアが無料でインターネットよりダウンロードできますので、誰でも簡単に出来ます。

しかし、クレジットカード、消費者金融側も、個人で起こす過払い請求については、かなり強気で出るパターンが多いようです。

実際、筆者の知り合いも、過払いの利息に対する返還を、請求者が多いことを理由に、支払いを後回しにされていたとのことです。

過払い請求について、費用はかかるかもしれませんが、スムーズに解決したい場合は、弁護士を介したほうが、確実でしょう。

リボ払い可能なおすすめのクレジットカード会社はACマスターカード

リボ払いでお勧めのクレジットカードは、アコムが発行しているACマスターカードです。

利用限度額も最高300万円までに設定されており、月々の支払金額についても、利用残高の割合に応じて決まる為、返済がし易い形となっています。

(月返済額は、千円単位で利用残高の2.0%~3.0%となっている)ショッピング利用については、20日締めとなっており、翌月の6日までに支払いを済ませば、利用分についてのリボ手数料は一切かからない為、リボの手数料がかかるのに、抵抗がある人にとっても利用しやすいクレジットカードとなっています。

翌月7日以降の支払いについては、日割りで利息がかかりますが、いつでもATMから全額返済することが可能であり、返済し易い形となっています。

ACマスターカードの詳細

基本的には、リボ払い専用のカードとなっておりますが、前月21日~当月20日までの利用について、翌月の6日までに支払いを済ませば、手数料負担は一切ありません。

返済については、ATMから行う形となっており、提携ATMであれば、一切手数料がかからないことが特徴として挙げられます。

ACマスターカードのおすすめポイント

返済時の手数料が無料となる提携ATMが多いことがおすすめのポイントです。特に、24時間365日オープンしているコンビニ系のATMが多く、イオン銀行、セブン銀行からいつでも返済することが可能です。

初回利用者限定で、30日間のキャッシング無利息期間も付与される為、キャッシングを利用する予定がある人にも、おすすめできます。

監修者よりコメント

ACマスターカードについては、リボ払い専用カードであり、リボ設定については解除することができません。

しかし、当月の20日までの利用については、翌月の6日までにATMから返済してしまえば、1回払いと変わらない形で利用出来ますので、リボ払いに抵抗がある人でも、利用しやすいクレジットカードとなっております。

特に、近くに提携ATMであるセブン銀行、イオン銀行がある人は、24時間365日いつでも手数料無料で返済が出来る為、非常に利用しやすいです。

関連記事

テーオーカードが審査落ち…否決後に取るべきたった1つの行動

「テーオーカードの審査に落ちるなんて思ってなかった…」 ここ…

nimoca NICOSカードは、西鉄バスで大活躍の1枚!

nimoca NICOSカード 【オート…

日産カードVisa/MasterCardは日産車ユーザー必見のカード

日産カードVisa/MasterCardは日産車ユーザーなら絶対に持っておきたい魅力たっぷりのクレジットカード…

早稲田ゴールドカードセゾンは保険も充実の早稲田大学卒業生のため…

早稲田ゴールドカードセゾンは、早稲田大学がその校友(卒業生)を対象に発行をしているクレジットカー…

三井住友VISAプラチナカードは最高峰をきわめた大人のための一枚

三井住友カードでは最高クラスのカードです。漆黒のカードに浮かび上がる古代ギリシャのパルテノン神殿…