最終更新日:2017/11/10

アメックスの登竜門!グリーンカードの審査とは?

アメックスのカードと聞くとステータスの高いアメックスゴールドカードを連想する人も多いかもしれません。しかしこのゴールドカードは年会費が高い傾向で入会するにも審査基準が難しいこともあります。

そこでまずアメックスのカードを持つには、一般カードと位置づけられる「アメックスグリーンカード」がおすすめです。

審査基準もさほど難しいことはなく、コスパに優れているのに上質なサービスが付帯されています。

ここでは初めてクレジットカードを持つ人にもおすすめしたい「アメックスグリーンカード」について詳しく紹介します。

アメックスグリーンの審査は厳しい?

アメックスグリーンの正式名はアメリカン・エキスプレス・カードです。カードの色全体が薄い緑色なので通称アメックスグリーンと呼ばれています。

アメックスグリーンの審査基準は「20歳以上」「国内に在住」「安定した収入がある」といった内容になっています。

これだけを見ると日本に住んでいる20歳以上の真面目に働いている方であれば、多くの人が入会できる可能性があることがわかります。

また「安定した収入」というのは一般的には300万円程度と認識されています。そのため正社員だけでなく、勤務実績のある契約社員や派遣社員でもカードを作ることは可能でしょう。

アメックスグリーンの年会費は1万2,000円(税抜き)です。年会費無料の一般カードが多く存在する中、この値段は高いかもしれません。

しかしその年会費だけあって、付帯されているサービスは他社のゴールドカードをしのぐほどの内容となっています。

一般カードに位置づけられているのに空港ラウンジが無料で利用できたり旅行傷害保険などのトラベルサービスが充実したりしています。ちなみに初年度は年会費無料のキャンペーンを行っていることが多いです。

また有名なアメックスゴールドの年会費は2万9,000円(税抜き)です。ゴールドの方がゴルフの優待特典がつくといった違いはありますが、全体的に見るとそれほどサービスの質に差はありません。

アメックスグリーンの方が1万7,000円年会費が安いので、こちらの方がお得と言えるでしょう。

アメックスグリーンの限度額は特徴があり、カードが発行できても最初のうちは低い設定額になっていることが多い傾向です。

ただ保有してきちんと決済するごとに限度額も上がる仕組みになっています。

また入会審査は通りやすいのですが、審査期間は2週間~1カ月と長くかかることがあります。急いでカードを作りたい人は、余裕を持って早めに申し込みをした方が良いでしょう。

アメックスとは?

アメックスが生まれたのは1850年です。アメリカのニューヨークにて運送業者が使うカードとして誕生しました。

その後カナダやメキシコなどへ運送業が広まったことによりアメックスカードも世界中に広まることになります。

1890年代には世界で初めてトラベラーズチェックの発行も成功させ、ゴールドやプラチナといったステータスの高いカードも世界で初めてアメックスにより誕生しました。

世界中の裕福層を取り込んだカードとしても有名です。

海外でのホテル宿泊においてアメックスカードを提示すると、VISAやマスターカードといったブランドよりも信用度の高いカードを保有している客として、ホテル側も安心すると言われています。

そんなステータスの高いアメックスのカードは、世界中のお金持ちが少なくとも1枚は持っている傾向です。

有名な逸話として世界の大富豪と言われているマイクロソフト会長のビルゲイツもアメックスカード保有者です。

ビルゲイツほどの大富豪になると、アメックスカードもプラチナカードを持って当然だと思われますが、彼が持つカードは意外にもアメックスグリーンだそうです。

それは彼の性格が倹約家であること、好きな色にこだわりがあり、緑色をしているアメックスグリーンを好んでいるためと言われています。

アメックスグリーンは比較的入会審査の簡単なカードですから、入会することでビルゲイツと同じカードを持てるなんてちょっとうれしいですね。

アメックスグリーンの特徴

アメックスグリーンの年会費は1万2,000円(税抜き)です。スタンダードのアメックスカード4種類の中では最も年会費が安いのですが、それでも他社の一般カードに比べると高い金額です。

それは一般カードなのに他社のゴールドカード並みのサービスが付帯されているからです。

例えば海外旅行傷害保険を見てみると、死亡や傷害後遺障害では最高で5,000万円の保障がつきます。

このカードで旅行費用やチケット代金などを決済すれば、現地での治療費用のほか、携行品の破損や盗難、賠償責任なども完備されます。

このほかにも死亡と後遺障害がついた国内旅行傷害保険、年間最高500万円まで補償されるショッピング保険などが付帯されています。

そしてアメックスグリーンのポイント還元率は0.5%です。高島屋オンラインストアなどのボーナスポイントパートナーズ提携店にて利用すれば、ポイントが2~10倍になります。

またためたポイントを1度でも交換すれば、永久不滅ポイントとして維持することができます。

ためたマイルの有効期限は3年間ですが、タイミングよく移行すればこちらも永久不滅マイルとして維持することができます。

また「メンバーシップ・リワード・プラス」というプログラムに参加すれば、マイルの移行レートがアップされたり、ポイント有効期限が無期限になったりする特典があるので大変お得です。

アメックスグリーンのおすすめ活用法

ステータスの高いアメックスグリーンカードですが、実は日常生活の料金支払にも使える利便性の高いカードです。

例えば電気料金やガス料金、水道料金といった公共料金の引き落としでアメックスグリーンカードを使えば、0.5%~1%のポイントが還元されます。

多くの場合100円で0.5%のポイントが還元されるので、毎月の支払に利用すればどんどんポイントを貯めることもできます。

また携帯電話の料金やプロバイダ料金の支払では1%のポイント還元を受けることもできます。

月々の支払をグリーンカードで行うことにより、年会費をカバーすることも可能でしょう。

そしてアメックスでは時期によって大々的なキャンペーンを随時行っています。

新規入会の時期によっては年会費が無料になったり同等のポイントがもらえたりするキャンペーンも行っているので、入会を考えている際はその時期によって行われている特典をチェックしてみましょう。

またアメックスと言えばトラベル&エンターテイメントに特化したカードです。空港ラウンジは国内主要空港27カ所と海外2カ所の空港において同伴者1名までが無料で利用できます。

さらに「手荷物無料宅配サービス」、一定の条件を満たせば受けられる「エアポート送迎サービス」、成田空港などで利用できる「空港パーキング優遇サービス」なども充実。

前日までに予約をしておけば専任スタッフが無料で荷物を運んでくれる「無料ポーターサービス」を受けられるなど、多数の旅行サービスを受けることができます。

出張や旅行でよく海外に行く人はもちろん、これから海外旅行に1度でも行く予定のある人であれば、持っていて損はしないカードと言えるでしょう。

アメックスグリーンのメリット

アメックスグリーンカードを持つメリットは数あるアメックスカードの中でも年会費が安くコスパが良い点です。

ゴールドカードのように年会費が約3万円かかってしまうカードはなかな手が届かなくても、年会費が1万円程度のステータスの高いカードなら1枚くらい持ってみようと思う人も多いと考えられます。

またアメックスの中では一般カードと位置づけられていますが、緑色の特徴のあるデザインカードは世界的にも有名であり、保有していることで一目置かれるという点はメリットといえます。

海外の高級ホテルでは身分証明書の代わりにクレジットカードも提示をお願いされることが多いのですが、その際アメックスグリーンカードを出せば信用度をぐっとあげることもできます。

国内でも年会費無料のカードが多い中、あえて高い年会費を払って保有しているアメックスグリーンカードは周りからも注目されるでしょう。

そして海外旅行に行く機会があるならば、ぜひ持っておいてほしいカードです。

他社のゴールドカード保有者でない限り受けることのできない空港ラウンジサービスが利用でき、多少の値段はかかるもののプライオリティ・パスを保有することも可能です。

ポイント交換時には注意も必要

アメックスグリーンを利用すると、「メンバーシップ・リワード」というポイントが、およそ100円使うごとに1ポイントたまります。

しかしためたポイントは交換先によってレートが異なるので注意しましょう。

例えば航空会社のマイルは、3,000ポイントためると1,500マイルに交換することができます。

しかし楽天スーパーポイントやTポイントに交換すると、3,000ポイントで1,000ポイントの交換となりマイルに交換するよりレートは低いことになります。

ポイントをより多くためるために、「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録するという方法があります。

こちらは年会費が3,000円(税抜き)かかりますが、1ポイントの価値がほぼ2倍になり、ポイントの有効期限もなくなります。

こちらに登録すればマイル交換レートも上がって3,000ポイントは3,000マイルに交換でき、楽天ポイントなども1,500ポイントに交換することができます。

アメックスグリーンでためたポイントは、ANAをはじめ他の航空会社のマイルにも交換できます。

その航空会社数は15社にもおよび、旅行や出張など海外へ行くたびに大いに活用することができるでしょう。

プラチナやセンチュリオンを目指すならまずはグリーンから!

ステータスの高いカードとして、アメックスの他にダイナースカードがあります。

しかしステータスの高い最も有名なカードと言えば、「アメックスのプラチナカード」や「センチュリオンカード」をあげる人が多いでしょう。

これらのカードは自分で入会を希望しても持つことはできません。

まずは「アメックスグリーン」を保有し、その後アメックスゴールドにランクを上げ、一定の使用条件をクリアするといったクレジットヒストリーを積み重ねることが大切です。

アメックスグリーンはハイステータスなカードを持つ登竜門とも言えます。

まずはコスパに優れたアメックスグリーンカードを保有し、一流カード保有者の仲間入りを目指しましょう。

関連記事

学生クレジットカードのおすすめは?知らないと失敗する5つの事実

アルバイト収入しかない学生でも、クレジットカードは作れるの? ネット通販や普段の支払いでクレジットカードを使いたいけどよくわからない…! めんどくさい審査を受けるのも嫌だし… 学生でも20歳以上であれ ...

クレジットカードのおすすめ厳選9枚!絶対に失敗しない7つの選び方

MINI Cardのエマージェンシー・サービスで24時間安心!

【審査にお悩みの人へ】 キャッシング利用の設定をすると審査に落ちやすい 傷ついた信用情報を修復する=カードを使って利用と返済を繰り返すこと 審査に落ちた人・信用情報が傷ついている可能性がある人は信用情 ...

リボ払いの危険性とメリット・デメリットをお金の専門家に聞いてみた

<プロフィール> 家計の見直し 相談センター 代表 藤川…

ゴールドカードをもつ必要性ってある?普通のクレジットカードとの…

クレジットカードのゴールドカードには多くのサービスやお得な保険が付帯しているメリットのあるクレジ…