最終更新日:2017/11/24

クレジットカードのリボ払いとは?分割払いとの違いや金利計算を解説

リボ払いと分割払いとの違い

リボ払いってなに?」「どんな使い方するといいの?

損する、怖い、など悪いイメージもあるリボ払いですが、実際はどうなのでしょうか?

リボ払いにするならおすすめのクレジットカード

毎月一定金額のみ支払うリボ払いは、便利な反面、完済するのに長い月日がかかることもあります。

支払いが長引いたら利息も増えてしまうため、損するように感じますよね。

そこでおすすめしているのが、一括払いもできるACマスターカードです。

ACマスターカードの特徴

  • ネットで申し込み可能。最短即日発行!
  • 締め日の20日~翌月6日までに支払えば、手数料は0%
  • 審査基準が一般的なクレジットカードと違うため、審査でお困りの方におすすめ

手数料もったいないからリボ払い解除したい…」「いつまで支払い続くかわかんなくなってきた

そんな悩みに対し、支払期日を繰り上げて一括返済ができるというのは大きな魅力です。

返済シュミュレーションなど、詳細は公式ホームページをご覧ください。

ACマスターボタン

ここからは、リボ払いの仕組みやメリット・デメリットについてわかりやすく説明していきます。

クレジットカードのリボ払いとは?分割払いとの違いや注意点

リボ払いとは、利用金額に関わらず、毎月決められた金額だけ支払をするという意味です。

例えば、支払金額を1万円と設定したら、その月に2万円や10万円使おうが、ひと月に支払う金額は1万円のみになり、支払残高は翌月以降に繰り越されます。

リボ払いと分割払いの違いとは

分割払いと混同されることもありますが、分割払いは購入金額を支払い回数で割った金額を毎月支払うため、毎月支払う金額は一定ではありません。

また、分割払いは2回払いまで手数料がかかりません(3回目以上は手数料がかかります)が、リボ払いは始めから手数料がかかります。

リボ払い 分割払い
毎月の支払い金額 一定 商品の金額、分割回数により変動
手数料 金利15%ほど 2回までは無料。3回以降は発生
(金利は12~15%ほど)

3回以上の分割払いの場合、手数料がかかるという面ではリボ払いと変わらないということになります。

一括返済も可能なリボ払い専用クレジットカードとは?

クレジットカードのリボ払いにはコースがある

リボ払いには、大きく分けて残高スライド式と定額式という2つのコースがあります。

2つのコースの違いは、支払い残高によって支払い金額が変わるかどうかです

  • 残高スライド式:支払い残高が一定金額を上回った場合、支払金額が増える
  • 定額式:支払い残高にかかわらず、支払金額は一定

ご自身にあうのはどちらか検討してを選択してください。

クレジットカードのリボ払いの限度額

リボ払いの場合、支払いを終えた分だけ利用可能額が増える仕組みになっています。

例)限度額50万円、月々の支払額を1万円の設定にしている人が、10万円の買い物をした場合 9万円は未払いの状態なので、翌月の利用可能額は50万-9万=41万円

この場合、未払い金額が大きくなるにつれて利用可能額が少なくなるため、ご利用限度額を一時増額をしたくなることも珍しくありません。

しかし、増枠申請をすると入会時と同じように審査が発生します。審査に落ちてしまうと、増枠見送りだけでなくクレジットカードの利用停止強制解約(退会)になりカードが使えない状況になることもあります。そのため、自ら増枠を申請することはあまりおすすめできません。

海外旅行やカードの期限切れのときのリボ払いの注意点

海外の利用でもリボ払い設定はできるの?

海外でもリボ払いを利用することができます。なお、国内の支払い方法とは別の設定になっている可能性があるので、旅行前には必ず確認をするようにしましょう。

クレジットカード会社の公式サイトで設定ができるようになっています。

カードの有効期限が切れそうなんだけど支払いはどうなる?

カードの有効期限切れ前(2週間~1ヶ月半ほど前)に新しいカードが送付され、リボ払いの支払いは継続されます。

なお、新しいカードが送られてこなかった場合は、以下のいずれかに当てはまっている可能性が高いです。

  • 不在だった
  • 引っ越した住所を届け出ておらず住所不明になっている
  • 審査に落ちてしまった

カスタマーセンターに電話してカードの更新がされているかどうか確認をしましょう。

クレジットカードをリボ払いにするメリットとデメリット

ここからは、リボ払いのメリットとデメリットについて説明していきます。

リボ払いのメリット

何といってもリボ払いの一番のメリットは、月々支払う金額が一定のため家計の支出管理がしやすいところです。

今月いくら使ったっけ…」「残高足りるかな…」そんな悩みがなくなります。

携帯代や公共料金のような感覚で毎月一定金額のお金を支払う感覚に近いでしょう。

引き落としされる金額が一定のため、大きな買い物も計画的にできるようになります。

リボ払いのデメリット

一見すると便利そうなリボ払いにはデメリットも当然あり、特に以下の2点が挙げられます。

  • 利率が高い
  • 払い終えられる期日がわかりにくい

リボ払いは、使い方を誤るとリスクだけが残ってしまいますので、リボ払いの仕組みやデメリットはしっかり理解しましょう。

1.利率が高い

利用残高(未払い金額)に対して利息はつくので、支払い期間が長引くほど、利息を含めた総支払額は大きくなります

リボ払いは一般的に実質年率15%以上と手数料が高いため注意が必要です。

2.払い終えられる期日がわかりにくい

支払残高が残っている限り支払が続くため、払い終わらなかった金額は来月以降の支払いです。また、新たにお買い物をするとさらに支払残高が増えてしまいます。

このように、支払い残高が積み重なっていくため、完済するまでにどれくらいかかるかがわからなくなっていく方が多いです。

リボ払いのデメリットを乗り切る2つの方法

リボ払いのデメリットを乗り越える方法はないのでしょうか?おすすめしているのが、以下2つの方法です。

1.支払い金額の設定は最低でも1万円以上に!特に大きな買い物をするときは要注意

支払い金額設定を低くすると、ひと月に支払う金額が少額で済む分、支払い回数が多くなり手数料も多くかかってしまいます。

自分の支払いできる範囲で、ただしあまり低く設定しすぎないことが大切です。

1~2万円以上を目安としてください。

「初期設定で低い金額設定になっていて、設定が変更されていなかった」ということもあるようですので、契約時に必ず確認をしてください。

特に大きな買い物をするときは要注意です。

例えば、借入額が30万円、毎月の支払い額が5,000円、実質年率15%の場合、以下のようになります。

  • 返済回数:112回(9年4か月)
  • 支払い元金(合計):30万円
  • 支払い手数料(合計):257,976円
  • 支払合計金額:557,976円

これでは、同じような買い物が2回できてしまいますね…。

※借入れがかさんでしまい支払い元金が100万円ほどになると、上限が2万円でも返済総額は1,579,114円、返済期間6年7ヶ月と高額かつ長期間の返済となります。

1万円以上はあくまで目安としてとらえていただき、返済シュミレーションを考慮して上限金額を設定してください。

2.お金に余裕があるときは予定支払日を繰り上げて返済し、早期完済する

リボ払いは完済まで決まった金額を毎月支払うのが一般的ですが、予定日を前倒して支払いができるカードもあります。

前倒しで支払いができれば手数料が少なく済みますので、お金に余裕のある時は早期完済をしましょう。

クレジットカードのリボ払いの返済シュミュレーションをしてみた

ここではよくあるケースとして、毎月の支払い額を1万円とし、10万円をひと月で使ったときの支払い金額を計算してみました。

元金と利息の関係
シミュレーション結果

借入金額10万円、毎月返済金額1万円、利率(実質年率)15%の場合

  • 返済回数:11回
  • 支払い元金(合計):10万円
  • 支払い手数料(合計):7,497円
  • 支払合計金額:107,497円

※詳細

回数 返済金額 元金 利息 残高
1 ¥10,000 ¥8,750 ¥1,250 ¥91,250
2 ¥10,000 ¥8,860 ¥1,140 ¥82,390
3 ¥10,000 ¥8,971 ¥1,029 ¥73,419
4 ¥10,000 ¥9,083 ¥917 ¥64,336
5 ¥10,000 ¥9,196 ¥804 ¥55,140
6 ¥10,000 ¥9,311 ¥689 ¥45,829
7 ¥10,000 ¥9,428 ¥572 ¥36,401
8 ¥10,000 ¥9,545 ¥455 ¥26,856
9 ¥10,000 ¥9,665 ¥335 ¥17,191
10 ¥10,000 ¥9,786 ¥214 ¥7,405
11 ¥10,000 ¥7,405 ¥92 ¥0

手数料の合計金額をみると小さな金額ではありませんが、一括で10万円を支払わなくてもよいというメリットを考慮すると、検討の余地はありそうです。

クレジットカード会社各社のホームページでは、支払い金額と実質年率を入力すると簡単に返済シミュレーションができるようになっています。

リボ払いを利用する際には、このようなツールを使って返済のシミュレーションを立てましょう。

クレジットカードのリボ払いは返済計画を立てないと危険!

リボ払いを利用する場合は、返済シュミレーションを組んだり、利用明細書を毎月必ず確認し、支払残高を確認することがとても大切です。

いくら払っても減らない…」「支払いが終わらない…」「もう払えない…」そんな声を聞くこともあります。

そしてついには延滞をし、最悪の場合は弁護士に債務整理の相談をしたり、自己破産をすることにも繋がってしまいます。

そうなると、クレヒス(※)に傷がついてブラックリストになるのはもちろん、ご自身の人生も大変なことになってしまいます。

ポイントがついたり、日々の出費が一定額だったりと便利な反面、怖さもあるリボ払い。必ず返済計画を立てましょう。

(※)クレジットヒストリーといい、クレジットカードの利用履歴のことです。個人の信用情報であるため、住宅ローン審査や自動車ローン審査にも影響を与えます。

リボ払いの借金はおまとめローンできる?

複数の会社からの借金を1つにまとめて利息を減額するおまとめローンですが、ショッピング枠を使った利用の場合はおまとめローンを組むことができません

あくまで"ローン"なので、キャッシング枠での利用のみまとめることができます。

キャッシング枠での借金は、銀行カードローンなどを使って返済するか、任意整理などの手続きをすることになります。

※任意整理はもちろん、もし高額な利息による過払い金があった場合は返済をしてもらえることもあります。早めに無料相談窓口などに相談をしましょう。

リボ払いだけど一括返済可能?おすすめのクレジットカード

家計管理がしやすい反面、手数料や支払い完了日が気になるというところがネックのリボ払い。

しかし、実は一括返済が可能なリボ払い専用のクレジットカードもあります。

一括返済が可能であれば、お金があるときは無駄な手数料を省いたり、支払期日に頭を悩まさずに済みますよね。

おすすめ!リボ払い専用のクレジットカード

アコムが発行しているACマスターカードというクレジットカードをおすすめします。

おすすめする理由は以下4点です。

  • 利率は10.0~14.6%
  • 締め日の20日~翌月6日までに支払えば、利率は0%!
  • 年会費無料なのでお得!
  • ”一括払いで”と言ってもリボ払いになるので恥ずかしくない!
  • キャッシング機能付き!

ACマスターカードは、実質年率10.0~14.6%となっています。一般的なカードは15%程度なので、ACマスターカードは比較的低金利であるといえます。

また、リボ払いの場合は完済まで決まった金額を毎月お支払いされるのが一般的ですが、指定期間内に振込めば、手数料のかからない繰り上げ返済ができるというのも大きな魅力です。

小さな買い物のときは、手数料がかからないよう1回払いにするとよいでしょう。早く返すことで無駄な利息がなく全額返済を終えることができます。

そして3点目は、「一括払いで」と言っても実はリボ払いになっているという点です。

レジでリボ払いでっていうのなんか恥ずかしいな…」そんな心配もありません。堂々と一括払いでと言っていただいて大丈夫です。

その他、キャッシング機能がついているという点もメリットの一つです。

リボ払いのクレジットカードを検討されている方は、ぜひ検討してみてください。

ACマスターボタン

※ACマスターカードの返済シミュレーションの調べ方は以下となります。

  1. ACマスターカードの公式サイトへ進む
  2. ページ下部の「ご返済シミュレーション」に進む
  3. 「返済回数(毎月一回)」のタブに進む
  4. 借入ご希望金額の欄で、お買い物の購入金額に近い金額を選択する
  5. 借入利率(実質年率)は15.00%を選択する
  6. 毎月のご返済金額(元利合計)は20千円などご自身が支払える範囲で高めの金額を入力

問題なければ、右上の「お申し込み」ボタンをクリック!

【関連記事】リボ払いって危ないの?メリット・デメリットを専門家に聞いてみた

関連記事

学生クレジットカードのおすすめは?知らないと失敗する5つの事実

アルバイト収入しかない学生でも、クレジットカードは作れるの? ネット通販や普段の支払いでクレジットカードを使いたいけどよくわからない…! めんどくさい審査を受けるのも嫌だし… 学生でも20歳以上であれ ...

クレジットカードのおすすめ厳選9枚!絶対に失敗しない7つの選び方

MINI Cardのエマージェンシー・サービスで24時間安心!

【審査にお悩みの人へ】 キャッシング利用の設定をすると審査に落ちやすい 傷ついた信用情報を修復する=カードを使って利用と返済を繰り返すこと 審査に落ちた人・信用情報が傷ついている可能性がある人は信用情 ...

リボ払いの危険性とメリット・デメリットをお金の専門家に聞いてみた

<プロフィール> 家計の見直し 相談センター 代表 藤川…

ゴールドカードをもつ必要性ってある?普通のクレジットカードとの…

クレジットカードのゴールドカードには多くのサービスやお得な保険が付帯しているメリットのあるクレジ…