最終更新日:2017/11/13

PastownカードJCB(親子型)はPASMOと連動出来る便利なクレジットカード

PastownカードJCB(親子型)

  • PASMOと連動したクレジットカード
  • 使用出来る地域が幅広い
  • Oki Dokiポイントが貯まる

PastownカードJCB(親子型)の発行元はJCBでICカードのPASMOを発行している株式会社パスモが提携しています。

PastownカードJCB(親子型)はPASMOカードとは別で所有するタイプのクレジットカードで、オートチャージサービス機能が自動付帯しています。

年会費は1,250円+税必要で、カードを利用して貯まるポイントはJCBのOki Dokiポイントになります。

PastownカードJCB(親子型)おススメ機能

PastownカードJCB(親子型)は提携先が株式会社パスモなので、すでにオートチャージサービス機能が付帯しています。

オートチャージサービス機能はよくPASMOを利用する人にとっては欠かせない機能ではないでしょうか。

オートチャージサービス機能とは

PASMOオートチャージサービスは、改札機での入場時にPASMOへ自動的にチャージするサービスです。

初期設定では残高2,000円以下になるとPastownカードJCB(親子型)から3,000円を自動で入金してくれます。残金の設定やオートチャージする金額は自分好みに変更可能です。

駅券売機に並んでチャージする必要がないので、忙しい朝など時間がない時にとても助かりますね。

オートチャージサービスが適用されない場合

PASMOのエリアは幅広いですが、一部の改札機などでは利用出来ない場所もあります。

また、利用限度額があり1日あたり10,000円、1ヶ月あたり50,000円を超えてしまう場合、有効期限が過ぎた場合、PastownカードJCB(親子型)を解約した場合なども利用出来ません。

大変便利なサービスですが、以上の点には気をつけたいですね。自分がよく利用する首都圏なら問題ありませんが、他の地域の場合は確認が必要です。

PastownカードJCB(親子型)は旅行にも最適

PASMO以外にもさまざまなICカードがありますよね?PASMOは「全国相互利用ICカード」なので全国各地の路線で使用する事が出来ます。

各地域のICカードエリアで使う

「Kitaca」「PASMO」「Suica」「manaca」「TOICA」「PiTaPa」「ICOCA」「はやかけん」「nimoca」「SUGOCA」と全国相互利用ICカードは10枚も存在します。名前を耳にした事があるカードばかりではないでしょうか。

PASMOなら北は北海道、南は九州まで使用する事が可能です。地域によってわざわざ乗車券を買う必要がなくなるので旅行や出張の際にとても便利なサービスですね。

注意したいのは異なるエリア間をまたぐ乗車の際には利用出来ず、その場合は乗車券を買う必要があります。

Suicaエリアでのサービス

Suicaエリアならもっと便利なサービスも利用出来ます。なんとSuicaエリアでも自動改札機でオートチャージ機能が適用されます。Suicaエリアは幅広いので嬉しいですね。

PASMOエリアとSuicaエリアの両方をよく利用する人にとって魅力的なサービスです。

また、Suicaエリアの駅でもPASMOを紛失したり使用出来なくなってしまった場合、PASMOの再発行登録の申込みができます!わざわざPASMOエリアに行かなくて済むのは良いですね。

JCBのOki Dokiポイントが貯まる

PastownカードJCB(親子型)はJCBが発行元なのでOki Dokiポイントが貯まるシステムです。

毎月の利用合計金額1,000円(税込)ごとに1ポイントが付与されます。貯まったポイントでJCBのさまざまな特典と交換する事が可能です。

AmazonでOki Dokiポイントを利用する

Oki Dokiポイントの注目したい点はAmazonでポイントを利用して買い物をする時、1ポイントから利用出来るという点です。AmazonではOki Dokiポイント1ポイントが3.5円で計算されます。

1ポイントのような端数を利用出来るシステムはなかなかありませんし、中途半端な端数ポイントを無駄無く活用出来るというのはとても魅力的ですね。

ディズニーリゾート関連チケットと交換する

JCBが発行元のカードはディズニーリゾート(R)関連のチケットにも交換出来るのが特徴です。

ディズニーリゾートパスポートやディズニーと提携しているホテル宿泊券、ホテルの食事券等と交換出来るのはJCB発行のカード特有ですよね。

特に段々値上げが実施されているディズニーリゾートパスポートと交換出来るのは嬉しいですね。

他にもJCBでは様々な特典が満載です。素敵な商品と交換出来るので、ポイントを貯めるのが楽しくなると思います。

【まとめ】PASMOとの連動も付帯!使える範囲が幅広い

PastownカードJCB(親子型)は一体型ではないのでPASMOカードと分けて使用します。しかし、PASMOのオートチャージサービスが自動で付帯しているので、改札機で入金する必要がありません。

使用出来る範囲も幅広いので現在すでにPASMOを利用している人にとっておススメのクレジットカードです。

しかしJCBのOki Dokiポイントは貯まりますが、他の鉄道会社が提携している「ポイントがダブルで貯まるカード」が増えている中で、年会費が1,250円+税必要なこのカードを選択するのは難しいのかなと感じます。

関連記事

テーオーカードが審査落ち…否決後に取るべきたった1つの行動

「テーオーカードの審査に落ちるなんて思ってなかった…」 ここ…

nimoca NICOSカードは、西鉄バスで大活躍の1枚!

nimoca NICOSカード 【オート…

日産カードVisa/MasterCardは日産車ユーザー必見のカード

日産カードVisa/MasterCardは日産車ユーザーなら絶対に持っておきたい魅力たっぷりのクレジットカード…

早稲田ゴールドカードセゾンは保険も充実の早稲田大学卒業生のため…

早稲田ゴールドカードセゾンは、早稲田大学がその校友(卒業生)を対象に発行をしているクレジットカー…

三井住友VISAプラチナカードは最高峰をきわめた大人のための一枚

三井住友カードでは最高クラスのカードです。漆黒のカードに浮かび上がる古代ギリシャのパルテノン神殿…