最終更新日:2017/11/08

三井住友銀聯(ぎんれん)カードの審査|審査基準・期間とポイント・特典の情報

三井住友銀聯(ぎんれん)カードの特徴・種類・機能等

銀聯(ぎんれん)カードとは、中国国内で最も使用されているデビットカードです。銀聯カードの総本社は上海にあり、中国、台湾、シンガポールなどを中心にして世界で30億枚以上が発行されています。

中国ではクレジットカードを利用される方よりもこの銀聯カードを使用される方が圧倒的に多いため、中国に滞在あるいは旅行される場合、銀聯カードを持つことは大きなメリットになります。

クレジットカードは利用できないけれども銀聯カードなら利用できる、という店舗が中国にはまだまだ多いからです。中国で使い勝手が良いクレジットカードを、という目的で発行されているクレジットカードが三井住友銀聯(ぎんれん)カードです。

その使い勝手が良さから、国際デビットカードランキングで上位をキープしているクレジットカードとなっています。

三井住友銀聯(ぎんれん)カードの審査状況・審査基準・審査期間

三井住友銀聯(ぎんれん)カードの審査基準は、満18歳以上の方です。ただし高校生は利用できず、未成年の場合は親権者の同意が必要になります。銀行系のクレジットカードであるため、審査の難易度は比較的高めとなっています。

あるクレジットカードの口コミサイトには、年収200万円で審査に通らなかった方の例も載せられていました。勤務先への在籍確認も行われることが多いと考えられますから、やはり正社員かそれに準じる待遇でないと審査に通ることは難しいといえるでしょう。

審査期間は平均12日と報告されています。このため申込から審査を経て、クレジットカードが手元に届くまで2週間程度を見ておくとよいでしょう。

三井住友銀聯(ぎんれん)カードの利点・注意点(デメリット)・ポイント・特典・サービス等

三井住友銀聯(ぎんれん)カードの利点は、なんといっても中国での使い勝手の良さです。中国国内60万店以上の店舗で利用できる他、銀聯カード利用者には店舗側が各種特典やサービスを用意していることが少なくありません。

日本でも大手家電量販店が銀聯カードを持つ方向けに割引サービスを行うこともあります。ただし日本国内での使い勝手はそれほど良くありません。まず買い物のたびに6桁の暗証番号と署名の両方が必要になります。

また通常のクレジットカードには必ず付帯しているキャッシング機能も、三井住友銀聯(ぎんれん)カードには付帯していません。限度額が低いこともデメリットとなるでしょう。

三井住友銀聯(ぎんれん)カードの概要・その他情報・年会費や発行会社について

三井住友銀聯(ぎんれん)カードは、名前の通り三井住友グループが発行しているクレジットカードです。年会費は無料ですが、発行料2,100円がかかります。しかし各種キャンペーンにより無料になっているケースが多いようです。

ETCカードは申し込むことができません。また海外旅行保険なども付帯していません。

関連記事

えっ!Yahoo!JAPANカードが審査落ち…年収100万でも通った3つの条件

「Yahoo!JAPANカードの審査に落ちた…」「審査に通りやすくするためにはどうした…

ACマスターカードの審査には絶対落ちたくない…利用者が語った本音

「ACマスターカードってどうなの?」「何社か審査に落ちてしまって困ってるんだ…

イオンカードが審査落ちした5つの真相と90%審査に通るたった1つの習慣

「イオンカードの審査に落ちた…」「イオンカードって審査に厳しいの?落ちた理由…

楽天カードが審査落ち…専門家が鳴らす7つの警鐘と今すぐできる行動

「楽天カードが審査落ち…」「原因はあの時の滞納?キャッシング?申し込み用紙の…

セディナカードが審査落ちした6つの真相とすぐにやるべき4つの対策

「審査落ちの通知が来たけど結局何が原因?」「コールセンターに問い合わ…