最終更新日:2017/11/15

【屋台でも使える?】ハワイ旅行でのクレジットカード普及状況

ハワイ旅行でのクレジットカード体験談

ハワイ旅行の際に普段メインで利用している自分名義のカード2枚と、現金が不足した時に備えてキャッシングが利用できる夫名義のカード1枚の計3枚を持って行きました。カードブランドはVISA・JCB・マスターです。

旅行会社の方からハワイならクレジットカードが身分証の代わりになると聞いていたので持って行きました。

以前、海外旅行に行った際に多額の現金を持ち歩くのが嫌だったのもあり、今回は両替する額を減らして極力カード払いをするようにしました。

ハワイだったので、カードを使えないという事は殆どありませんでした。屋台ですらカード払いOKな所ばかりだったので現金(日本円で6万円分)をもっと減らしても良かったなと思いました。

JCBは使う機会がありませんでしたが、VISAとマスターはカード払いを申し出て使えないという場面には遭遇しませんでした。

ハワイ旅行中にクレジットカードが使えなかった場所がありました。

実際にカードが使えなかったのはファーマーズマーケットという朝市のような催しの中だけでした。他は全てカード払い出来たので使い慣れない現金の勘定をする手間も省けたし、キャッシングを利用しなくて済んだので凄く便利でした。

特に旅行終盤に現金が少なくなった時に慌てる必要がないのが良いです。

不安に思う場所ではクレジットカードの使用を控えました。

不正利用やカード情報の盗難が心配だったので、海外旅行保険がついているカードでしたが念の為に怪しいなと思うような場所でカードは利用しませんでした。帰国して時間が経ちますが不正利用された形跡もありません。

カード利用は便利ですが、現金と違って為替レートが後日の為替レートになってしまうので多少損をするかも知れないという事は頭に入れて使った方が良いと思います。

私の場合は、旅行前に両替したレートよりも請求時のレートの方が弱冠高くなっていました。そんなに莫大に金額が違うと言う訳ではなかったので、多額の現金を持ち運ぶくらいならカードを使いたいという気持ちの方が強いです。

海外旅行時も少額の現金は必要です。

チップの支払やビーチで遊び道具をレンタルする時等ちょっとした時に現金が全くないと不自由しますが、カードが通用する国・地域に行くなら小遣い程度の現金を用意しておけば、あとは全てカードで良いなと思っています。

ハワイの場合、募金詐欺というのがあるので現金を持ち歩いていないと詐欺に遭うリスクも少なくなるので良いのではないでしょうか。彼らは日本円でいう5千円くらいの募金を求めて来ます。小銭を見せたら呆れ顔で去って行きました。

後日詐欺だと知って現金を持ち歩いていなくて本当に良かったと思ったくらいです。

今後、海外に行くなら空港ラウンジを利用したいので、ラウンジを利用出来るカードを1枚用意する事を検討しています。

関連記事

海外で使うクレジットカードの国際ブランドはVISAとMasterがおすすめ

海外でのクレジットカードの利用する場合、やはりクレジットカードは国際ブランドがオススメです。…

日専連ゴールドカードは海外で緊急再発行も可能!特典5つ解説

日専連JCBカードゴールドカード

MileagePlusセゾンプラチナカードは旅行サービスが充実

プラチナカード比較などでも必ず高いランキングで紹介されるのがMileagePlusセゾンプラチナカードです…

アメリカのロサンゼルスで、会計をクレジットカードで支払わず、レ…

目次クレジットカードを持った理由はロサンゼルス留学アメリカでは現金を出すと、嫌な顔をされるくらいカード会社でした。財布を盗難されJCBカードに連絡して利用停止海外では、買い物や食事もクレジットカードが ...

イタリア旅行では、不正利用されないか考えながらクレジットカード…

目次VISAブランドのクレジットカードは海外でも普通に使えます。海外で、不正利用がされないかクレジットカードを使う時に注しました。海外でクレジットカードを使うメリットは両替の手間が省けることだと思いま ...