最終更新日:2019/11/13

クレジットカードが強制解約になった…解約の影響と2つの解決方法

支払いに遅れたら、解約されてた…

強制解約されたら、滞納分は一括で返済しないといけないのかな?

クレジットカード会社にカードを強制解約されたとしても、カード会社は解約の理由を教えてくれません。

この記事では、強制解約に至る代表的な原因や生活への影響、その解決策を紹介します。

強制解約後に起こる影響と、再びカードを手に入れる方法

クレジットカードを強制解約されると、次のような影響が出ることが考えられます。

  1. 解約されたクレジットカードと同じカードに申し込んでも、審査に通る可能性が低い
  2. 解約の情報は他のカード会社にも共有されるため、他のカードも審査に落ちる可能性がある

「強制解約されてしまったけれど、支払いのためにカードが欲しい」という人は、次の選択肢も考えてみましょう。

  • 他のクレジットカードとは審査基準が違うクレジットカードに申し込む
  • そもそも審査基準が違うカードローンに申し込む
  • 審査が甘いクレジットカード※1
  • 主婦・学生も申込OK※2
ポイント
申し込みはこちら
  • アルバイトでも20歳以上なら申込可能
  • 発行可能か3秒で診断可
ポイント
申し込みはこちら

※1 審査結果によっては、審査に通らない可能性もあります。

※2 ただし18歳以上に限ります(高校生を除く)

強制解約の要因は長期滞納…カードローンを使って滞納金を返済しよう

クレジットカードの強制解約の原因のひとつは、「60日以上3ヶ月以上の滞納」です。

滞納分を返済するために、すぐにお金を用意する方法をまとめました。

すぐにお金を用意する方法

  • 家族や友人にお金を借りる
  • 家にあるものを売る
  • カードローンでお金を借りる

家族に借りれば金利などの手数料がかからずに済みますが、一括返済するほどのお金をすぐに用意するのは難しいかもしれません。

そんなときに考えたいのは、一時的にお金を借りられる「カードローン」です。

強制解約になってもカードローンに申し込んで大丈夫?

カードローンの審査基準は、クレジットカードの審査基準とは異なります。そのため、クレジットカードが強制解約になったからといって、カードローンの審査に落とされるとは限りません。

ただし、1ヶ月に4~5件も申し込むと、カードローン会社から「金策」と判断され、審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

申し込むカードローンは、初めての融資なら最大30日間無利息のアコムも選択肢に入れてみましょう。

アコム

  • 最大30日間利息0円で借りられる
  • カード発行可能か3秒で診断できる

カードローンを利用するメリット・デメリット

メリット デメリット
ひと月の返済額を減らせる 返済が長期的になる
審査基準がクレジットカードと異なる カードローンを申し込む手間がかかる
周囲の人に知られる可能性が低い 借入額と返済期間によっては、返済合計額が増える
再度審査を受ける必要がある

完済したら新しいクレジットカードを手に入れよう

強制解約の情報は、信用情報機関を通して他社にも共有されるため、向こう約5年はほかのカードの審査にも落ちる可能性があります。

そこで考えたいのは、独自の審査基準を持つセディナカードJiyu!da!です。

ポイントも貯まる上、毎月の利用額は自分のペースで返済することができます。

セディナカードJiyu!da!

  • 審査が甘いクレジットカード
  • 200円(税込)ごとに1ポイントが貯まる

※審査結果によっては、審査に通らない可能性もあります。

クレジットカードの強制解約とは?滞納履歴と金融事故の恐ろしさ

クレジットカードが強制解約になる理由を表したグラフ

強制解約とは?

一般的には、61日以上もしくは3ヵ月以上の滞納が続き、クレジットカード会社側から支払い能力がないと判断され、強制的にクレジットカードを解約させられること

クレジットカードの利用料金を滞納し続けると、カードの強制解約と同時に、カード会社の「社内ブラック」に認定されます。いわゆる「金融事故」として認定されるのです。

また、「この人には支払い能力がない」という情報は信用情報機関とカード会社独自の管理システムにも記録されます。この情報が一度記録されると、今後長期にわたってその会社のクレジットカードを持つことができません。

また、ほかの会社が発行するクレジットカードも5年間は新規発行できません。つまり、ほぼ全てのクレジットカードが利用できなくなるのです。

クレジットカードの強制解約の記事について監修した鈴木裕介鈴木裕介

この記事の監修者:鈴木裕介

クレジットカードの強制解約は社会的信用がなくなることと同じ意味。厳しい言い方になりますが、カードが強制解約になった場合、基本的には対処法はないと考えてよいでしょう。

カード会社が滞納履歴を把握しているなんて知らなかった!

クレジットカードの強制解約の記事について監修した鈴木裕介鈴木裕介

この記事の監修者:鈴木裕介

強制解約されてしまうと、最低でも5年は審査があるクレジットカードは作れないでしょうし、今持っているほかのカードも解約される可能性が高いです。

なお、信用情報機関(CIC)の情報は5年間記録されますが、強制解約から5年以上経過していも審査を否決されることもあります。

強制解約になる前に、きちんと滞納分を支払っておくことが大切なのね。

強制解約の一歩手前である利用制限がかかった状態であれば、親や友人にお金を借りたり、カードローンを利用したりして、まずは一時的に滞納金を返済することを検討しましょう。

クレマニ編集部でははじめての人なら、最大30日間無利息のアコムも検討しましょう。

アコム

  • 最大30日間利息0円で借りられる
  • カード発行可能か3秒で診断できる

クレジットカードを滞納すると遅延損害金が加算

クレジットカードの支払い遅れが発生すると、その日から遅延損害金が発生します。

遅延損害金の計算方法

1日あたりの遅延損害金=【滞納金】×【遅延損害金の金利】÷【365日】

遅延損害金の金利はカードによって異なりますが、一般的に通常の利息よりも高い割合の利息がかかります。

具体的には、遅延損害金は最大で年率20.0%のものも。カードローンよりも高い金利がかかります

クレジットカードが強制解約になる5つの条件

クレジットカードが強制解約される理由をヒーローが説明している様子

そもそも、なぜクレジットカードが強制解約されるのでしょうか?

おもな理由は次の5つです。ひとつでも当てはまったら、強制解約になる可能性があるのです。

強制解約になる5つの条件

  1. 支払いの長期滞納
  2. 利用者の収入の変化
  3. クレジットカードの利用規約違反
  4. 携帯・スマホの端末割賦代金の滞納
  5. 虚偽の登録情報がばれる

1.支払いの長期滞納

強制解約の代表的な理由は、クレジットカードの支払い遅れです。

引き落とし日に口座の残高が不足している時点でカードは利用停止となり、しばらくすると未納金の支払い期日が書かれた督促通知が届きます。

支払い期日を過ぎても入金せずにいると、カード会社から電話がかかってきたり、カード会社の委託業者が自宅に回収に訪れたりします。それも無視し続けると、クレジットカードの利用資格がはく奪され、強制解約となってしまうのです。

「ずっと家を空けてたから気づかなかった」「たった数千円の滞納もダメなの?」

など、納得できないこともあるかもしれませんが、いったん強制解約になると取り返しがつきません。

請求額をこまめに確認し、延滞しないよう気をつけましょう。

鈴木裕介

カード会社が重視するのは、キャッシングなどの借入残高や、利用者と連絡がとれるかどうかの2点です。支払い遅れが発覚した時点で、すぐにカード会社に連絡すれば、強制解約は避けられるかもしれません。

2.クレジットカード利用者の収入の変化

 

クレジットカード会社は、カード申込者の返済能力を重視しています。そのため、返済能力や信用力下がったと判断されてしまうと、強制解約になります。

たとえば、今まで働いていた職場を解雇され、無職になった場合などです。

年収が下がるだけなら利用限度額の見直し程度で済みますが、無職になると収入自体がなくるため、返済能力がないと判断されてしまいます。カードに利用制限がかかるか、強制解約になる可能性があります。

鈴木裕介

カード会社が利用者の収入が変化したことを知るタイミングは、本人からの申告のみでしょう。クレジットカード会社が自ら調べるとは考えられません。そのため、無職にならない限りは収入ダウンを理由とした強制解約はないでしょう。

3.クレジットカードの利用規約違反

クレジットカードの利用規約に違反した場合も、強制解約につながります。クレジットカード会社は不自然な利用履歴を発見すると、利用目的などを詳しく調べます。

そこで不正利用と判断されると、クレジットカードが強制解約されてしまうのです。

カード会社が会員規約の違反と判断するのは、おもに次のような不正使用をしたときです。

  1. 換金目的で商品を購入した
  2. カードを他人に貸した

もっとも多いのは、(1)の換金目的での商品購入です。たとえば、新幹線の回数券や商品券をクレジットカードで購入し、すぐに金券ショップで売って現金化する行為が該当します。

(2)の他人にカードを貸す行為がNGだということは、知らない方も多いのではないでしょうか。実は、家族を含めて他人にクレジットカードを貸すことは規約違反なのです。

カード会社が他人が使用したと判断するのは、次ような場合です。

ケース1.居住地以外での高額の買い物

東京都内在住のAさん。普段は都内での買い物が中心だが、大阪の家電量販店でテレビなどの高額商品を購入した。

→不正検知が働き、本当に本人が利用しているのかという確認が店舗および本人に入ることがあります。

ケース2.海外ECサイトで高額の買い物

今までまったくクレジットカードを利用していなかったBさん。ある日突然、海外のECサイトで高額の買い物をした。

→本人に利用したかどうかの確認が入ることがあります。

鈴木裕介

カード会社は不自然な利用履歴をチェックしています。今までにないほど高額の買い物や、あまり日本人が行かない海外での買い物、あやしいECサイトでの買い物も不正利用と疑われやすいです。

5.携帯・スマホの端末割賦代金の滞納

携帯電話やスマートフォンの割賦代金の滞納も、強制解約の原因になります。割賦代金は、「個別クレジット」というクレジットカードを通さない支払い方法で、毎月利用料金と一緒に引き落とされています。

この情報も信用情報機関(CIC)に記録されているのです。

月々の支払いを延滞すると、その延滞情報が信用情報機関に伝わり、やがてクレジットカード会社にも伝わります。滞納が続くと携帯電話が使えなくなるうえ、強制解約時には携帯電話の本体代を一括請求されます。

そして、その携帯電話会社とは二度と契約できなくなってしまいます

6.虚偽の登録情報がばれる

クレジットカード会社は、申込時に利用者から申告のあった登録情報を定期的に確認・更新しています。これを途上与信といいます。

途上与信の際、カード会社はCICやJICC(日本信用情報機構)などの個人信用情報機関に支払履歴や利用残高情報などを確認します。

信用情報と申告情報に大きな違いがあれば、虚偽の内容と判断し、強制解約を行う可能性があります。たとえば、「審査に落ちたくないから、カードローンで借りている金額を少なめに書いた」という場合などです。

虚偽の情報を申告してしまった場合は、すぐにクレジットカード会社に電話して、正しい情報を伝えましょう。

クレジットカードの強制解約時に起こることとブラックリストの影響

ブラックリストに登録され、クレジットカードの審査に通らなくなってしまう様子
鈴木裕介

クレジットカードが強制解約になると3つのデメリットがあると言われています。それぞれ詳しく解説していきましょう。

強制解約されたクレジットカードは二度と再発行できない

一度でもクレジットカードを強制解約されてしまうと、そのカードには二度と入会できません。

なぜなら、クレジットカード会社が社内で管理しているシステムには、強制解約された記録が半永久的に残るからです。

信用情報機関の情報が記録されるのは5年間ですが、各カード会社には「支払い遅れ」などの情報が残り続けるのです。そのため、強制解約されたカード会社には再入会できないのです。

また、強制解約されると手持ちのほかのクレジットカードにも利用制限がかかる、更新を拒否される、といった影響が出てしまいます。

鈴木裕介

たとえば複数枚のクレジットカードのうち、1枚のカード会社から「強制解約通知」が届いた場合、どうなるのか見ていきましょう。

手持ちのカードのうち1枚が強制解約になったら…


  1. ほとんどのカード会社が閲覧できる個人信用情報に「異動情報」が記録される。俗にいうブラックリスト
  2. 異動情報が発覚すると、各クレジットカード会社は貸し倒れ(お金を支払ってもらえない状況)の危険性が高いと判断し、すぐに利用制限や強制解約の措置をとる
  3. ほかのクレジットカードが強制解約となると、その情報も個人信用情報に記録される。異動情報が入ったカード会社のクレジットカードは二度と持てない
  4. 付属のETCカードや家族カード、その他のクレジットカードも使用できなくなる

クレジットカード会社が利用者の異動情報を見つけると、カード会社は利用者に「会員資格取り消し通知」(強制解約通知)を郵送します。

上記の流れからわかる通り、複数枚のクレジットカードのうちどこか1社から「強制解約通知」が届いたら、ほかのクレジットカードも強制解約になる可能性が非常に高いのです。

強制解約はブラックリストの仲間入り!履歴が残る信用情報機関とは?

強制解約になると信用情報機関に「異動」と記録されます。いわゆる「ブラックリスト」です。

クレジットカードの強制解約でブラックリスト行き!?

強制解約や自己破産といったトラブルを起こすと、事故情報として記録され、いわゆるブラックリストになります。ブラックリストに載っている間は、同じクレジットカード会社のカードはもちろん、他社のカードも契約できません。

ただし、実際に「ブラックリスト」というリストが存在するわけではありません。「ブラックリストに載る」とは、次のいずれかに強制解約の記録が残っている状態のことを指します。

  1. クレジットカード会社の顧客情報
  2. 信用情報機関にある利用履歴(クレジットヒストリー)

(1)のクレジットカード会社の顧客情報は一般には公開されていません。(2)の信用情報機関にある利用履歴(通称クレジットヒストリー、クレヒス)は保有期間が最長で5年間と決まっています。

では、これらの情報を把握している信用情報機関とは、一体どのような組織なのでしょうか?

信用情報機関とは?利用履歴(クレヒス)の保有期間は5年間

信用情報機関とは、個人の信用情報を保存している機関のこと。信用情報とは、クレジットカードやローンなどの利用履歴のことで、利用者一人ひとりのカードの申込日や支払日、延滞や強制解約、破産などの状況が記録されています。

国内には3つの信用情報機関があり、クレジットカード会社やローン会社はいずれかの機関に加盟しています。審査の際には信用情報機関に問い合わせて、カード会員の返済能力を確認しているのです。

機関ごとの信用情報の保有期間は次のように定められています。

信用情報機関 信用情報の保有期間
CIC(シー・アイ・シー) 5年
JICC(日本信用情報機構) 1年
全国銀行個人信用情報センター 5年

クレジットカード会社は、おもにCICとJICCを利用しています。そのため最低でも1年間、最高で5年間は強制解約の記録が残る(=ブラックリストに載る)と考えてよいでしょう。

ほとんどすべてのカード会社や銀行は「CRIN」という情報ネットワークで、一部信用情報を共有しています。

CRINとは?

クレジットカードやローン等の申し込み情報を共有する情報ネットワークのこと。各信用情報機関の情報を共有することで、過剰貸付や多重債務を防止する。

たとえばクレジットカードA社の「異動情報」はCRINというネットワークによってクレジットカードB社にも伝わり、B社のカードも強制解約になる可能性があるのです。

利用者を守るためのネットワークであると同時に、クレジットカード会社にとっては、利用者の情報を確認することでリスクを回避するものとも言えます。

信用情報が確認されるタイミング

信用情報は一度登録されたらずっとそのまま、というわけではありません。利用者の最新の信用情報が反映されるような仕組みになっています。

クレジットカード会社が信用情報を確認するタイミングは、途上与信(中間審査とも呼ばれる顧客の信用状況のチェック)を行うときです

信用情報は次のようなタイミングでチェックされます。

新規で5万円以上のキャッシングを利用かつキャッシング残高が10万円以上ある場合
→毎月、信用情報をチェックされます

キャッシングの利用はなく、キャッシングの残高が10万円以上ある場合
→3ヵ月に一度、信用状況をチェックされます

このように、信用情報機関は定期的に利用者の信用情報を確認しています。こちらから申告せずとも延滞情報は伝わっている、と心得ておきましょう。

信用情報機関は個人で確認できる

信用情報の悪化について心当たりがなければ、クレジットカード会社が加盟している個人信用情報機関に問い合わせて、自身の信用情報の開示申請をおこなうとよいでしょう。

強制解約になると残る「異動」という記録が、いつ記録されたのか確認できます

CICで取り寄せた情報の中に異動情報と書いてある

▲情報開示を申請すると、このような書類が届きます。

鈴木裕介

どうしてもクレジットカードが欲しい方は、デビットカードを作りましょう。デビットカードは即時引き落としのため、基本的には無審査です。ブラックリストに載っている状態でも利用できます。

クレジットカードが強制解約された履歴が与える各種ローンへの影響

ローンが組めなくなっている理由をヒーローが説明している様子

クレジットカードが強制解約されると、各種ローンが組めない?

クレジットカードを強制解約されると、未来の自分にも影響があります。

  1. 自動車ローンが組めず、新車が買えない
  2. 結婚しても住宅ローンが組めず、マイホームを買えない

クレジットカードの滞納が続き強制解約になった場合、住宅ローンや自動車ローンの審査に通らなくなってしまいます。

なぜなら、一般的にはクレジットカードの支払い遅れが61日以上または3ヵ月以上経過すると、信用情報機関に異動情報として登録されるからです。

異動情報の履歴が残る契約完了後の5年間は、ローンを組んだり、新しいクレジットカードを発行したりすることは難しいでしょう。5年以上経過しているのであれば、住宅ローンの審査は通る可能性はあります。

クレジットカードが強制解約になると入居審査(賃貸契約)に通らない?

クレジットカードの強制解約は、社会的信用がなくなることを意味します。

賃貸アパートやマンションに入居する際におこなわれる「入居審査」においても、非常に高い確率で信用情報を見られます。

なかには信用情報を見ない保証会社もありますが、クレジットカードが強制解約になった場合、「衣・食・住」に影響が出てしまうと肝に銘じておきましょう。

鈴木裕介

クレジットカードを強制解約されたがどうしてもローンを組みたいという場合は、配偶者もしくは親族に契約してもらうしか方法はありません。

クレジットカードの強制解約にまつわる3つの誤解

クレジットカードの強制解約にまつわる3つの誤解を黒板で説明している様子

最後に、クレジットカードの強制解約についてよくある3つの誤解をお伝えします。

誤解1.再振替に間に合えば、強制解約にならない?

A.再振替になった時点で、強制解約の対象になる可能性があります

本来のカードの支払い期日に入金が間に合わなかった場合、支払い期日の1~2週間後にふたたび銀行口座から引き落としがあります。このことを「再振替」といいます。

支払いが遅れても、再振替の日までに入金すれば大丈夫と思っている方がいますが、実は間違い。再振替になった時点で、本来の支払いに間に合っておらず、信用情報機関にも遅延として記録される可能性があるのです。

再振替での引き落としを何度も続けると、常に支払いが遅れている人とみなされ、強制解約の対象となることがあります。

誤解2.延滞金は一括払いのみ?

A.一部をのぞき、延滞金の一括請求はありません。

カードの延滞金を完済する前に強制解約になった場合、その後の支払いはどうなるのでしょうか?

一括払いにしていた方は、可能であれば一括で支払いましょう。一括返済ができない場合は、コールセンターに相談すれば分割またはリボ払いに変更できる可能性があります。

一方、もともと分割払いやリボ払いを選択していた方は、支払いが突然一括になってしまうと大変ですよね。

そこで、当サイトでは大手クレジットカード会社3社に電話で確認してみました。

有名クレジットカード3社の残金支払い方法一覧

カード名 分割払い リボ払い
三井住友VISAカード なし なし
楽天カード なし なし
ジャックスカード あり※ あり※

※状況によるため、必ずしも一括請求とは限りません。

多くのクレジットカード会社は、強制解約後に一括請求することはないとのことなのでご安心ください。ただし、ジャックスカードのように場合によっては一括請求する会社もあるため、不安な方はカード会社に確認してみましょう。

誤解3.カードが利用できないんだけど、これも強制解約されているから?

A.利用停止になっているからといって強制解約ということではありません。

次の4つの項目のいずれかにあてはまる場合、クレジットカードが利用停止になっているだけかもしれません。

  • 「利用制限」の通知と督促状が届いただけで、強制解約通知は届いていない
  • 支払いが常に遅れていたわけではなく、今回たまたま1ヶ月以上遅れてしまっただけ
  • コールセンターに問い合わせても、理由は教えられないと言われ不安
  • WEBサイトの情報をみて、なんとなく「強制解約かも」と思った

これらの場合、カード会社に電話して、すぐに未払い分を支払えばクレジットカードが復活する可能性があります。

クレジットカードが強制解約されたら、カードローンを検討しましょう

クレジットカードが強制解約されたら、事態は深刻です。まずは延滞金の返済を第一に考えましょう。手元にお金がない方が返済する方法は、次の通りです。

カードローンでお金を借りる

一時的に強制解約措置を逃れたいなら、初めての融資なら最大30日間無利息のアコムで対処しましょう。

いずれかの方法で返済すれば、5年後に再びクレジットカードや住宅ローンなどに申し込むことができます。きちんと借り入れた分の返済ができれば、返済能力があるという証明にもなりますよ。

キャッシングやカードローンをうまく利用すれば、自己破産や債務整理といった金融事故が防げるかもしれません。

クレジットカードの強制解約は、ローンやカードを申し込む際の審査通過率が低くなることを意味します。今後の生活になるべく影響が出ないよう、最善の方法で対処しましょう。

アコム

  • 最大30日間利息0円で借りられる
  • カード発行可能か3秒で診断できる

この記事のまとめ

  • 強制解約に至ると、社会的信用が低くなるため、クレジットカードやローンの審査通過率が低くなる
  • 強制解約になったカードは二度と持てない、また、系列会社のサービスも受けられない可能性がある
  • 強制解約は自己破産や債務整理といった金融事故と同じ扱いをされる
  • カードが強制解約に至る前にしっかりと対策することが大切

クレジットカード・カードローン一覧

セディナカードjiyu!da! 楽天銀行スーパーローン レイクALSA アイフル

関連記事

楽天カードの支払いが遅れた…利用停止になる前にやるたった一つの事

「楽天カードの支払いが遅れてしまった…」

いつから使える?クレジットカードが支払い遅れで止まったときの対…

「クレジットカードの支払い遅れ分を支払ったけど、いつから使えるようになるの……

クレジットカードの支払い遅れで利用停止に…?すぐできる対処法4つ

「あれ?クレジットカードが使えない…?」

クレジットカードの支払い遅れた!審査への影響は?タイプ別診断つき

「やばっ!クレジットカードの支払い遅れちゃった…」「ローンの審査に落ちな…

楽天カードから利用停止通知…復活させる対処法と6つのエラーコード

「楽天カードから利用停止通知が来てる…原因はあのときの滞納?」