最終更新日:2018/12/17

楽天カードが届くまでは最短で1週間…すぐに必要な場合の一時的措置

「楽天カードに申し込んだのにまだ届かない…いつ届くの?」

急に海外出張が決まったり、今まで使っていたクレジットカードが使えない状態になっていたと、新しいカードがすぐにでも必要だというときがあるかもしれません。

この記事では、楽天カードの申し込みの流れからカードが届くまでの期間の目安と、どうしても緊急でカードが欲しい人に最適なカードを紹介します。

楽天カードが届くまでに約1週間かかる

  • 繁忙期と重なると10日前後かかる可能性がある
  • 審査時にかかってくる在籍確認に出ない限り審査は終わらないため長引く
  • キャッシング枠を付けて申し込むとさらに到着までの期間が延びる

すぐにクレジットカードが必要な人にとっては楽天カードは適していません。2日後、3日後に使う予定がある場合は即日発行が出来るクレジットカードを一時的に使うことをおすすめします。

当サイトがおすすめするカードは即日発行可能、MasterCardブランドのACマスターカードです。

ACマスターカードに申し込むときの注意点

同時に多数のカードを申し込むと多重申し込みとなり、審査で不利になるケースもありますが、2枚程度の申し込みであれば問題ありません。

心配な場合は楽天カードの審査結果メールが届いてから申し込みましょう。

ACマスターカード

  • アルバイトでも OK!
  • 初回利用で最大30日間 0円でお金借りれる!
  • 最短で 今日中に手に入る
メリット
  • 支払い方法が リボ払い一択
  • ポイント付与がない
デメリット
3秒診断をしてみる
今すぐ申し込む

楽天カードの発行日数は?届くまでに何日かかる?

楽天カードが自宅に届くまでの流れや期間をヒーローが図を用いて説明している

カードの審査に通ってからカードが手元に届くまでには時間がかかります。審査までの時間が早くても発行までに時間がかかっていては、スピーディーなカードとはいえません。

楽天カードでは届くまでにどのくらい待つ必要があるのか、平均的な日数の目安を紹介していきます。

おおよそ1週間で手元に届く

楽天カードは申し込みが完了してから、通常は1週間程度で手元に届くことが多い傾向です。

最短3営業日で到着した例もありますが、10日程度かかったという声も少なからずあるため、平均するとだいたい1週間程度といえるでしょう。

2週間経過してもカードがまだ届かない場合は、審査に通らなかったり、住所間違いによる配送遅延が起きていたりといった可能性があるため、配送状況を確認しましょう。

一方で、審査内容によって発行日数が前後したり、遠方の場合は郵送にかかる配送日数が長くなったりすることもあるので、配送遅延などのトラブルが起きていない可能性もあります。

また、配送方法は3つです。「佐川急便(株)『受取人確認サポート』」と「日本郵便(株)『本人限定受取郵便』」は、必ず本人がカードの入った封筒を受け取らなくてはいけません。

その際は本人確認資料として、運転免許証やパスポートなどの提示が求められます。他方「日本郵便(株)『簡易書留』」は、家族でも受取可能な配送方法です。本人確認も必要ありません。

これらの配送方法には、郵便局の「転居・転送サービス」は利用できないため注意が必要です。

一週間で届かなかった際に確認すること

  • 配送遅延が起きてないか
  • 自宅にいないときに配達の人が来ていないか

届かない場合の確認方法

楽天カードの発行状況はオンラインサイトから確認できるので活用していきましょう。

発行状況を確認するためには、「カード申し込み受付ID」が必要です。これは、申し込み後に送られてくる「お申し込み受付のお知らせ」というメール内に記載されています。

  1. 申し込み受付
  2. 入会審査
  3. ご本人様確認
  4. 結果通知
  5. カードお届け
  6. カードお受け取り

発行状況は「1、申し込み受付」「2、入会審査」「3、ご本人様確認」「4、結果通知」「5、カードお届け」「6、カードお受け取り」の6段階に分かれています。

現在、「どの段階に位置しているか」「どの段階で止まっているのか」などを表示で確認することができるため便利です。

配送が近くなると、配送会社や問い合わせIDなどの情報も同じページ上で確認することができます。

楽天カードを早く手に入れるために気をつけたいポイント

楽天カードを早く手に入れるために必要なことをヒーローが説明している

次に、楽天カードを早く手に入れるために気をつけたいポイントを紹介していきます。

気を付けなければならないポイントを知っているだけでカードが手元に届くまでの時間を短くすることが出来ます。

申し込む時期・事前準備

気をつけるべきポイントとして、「申し込む時期」と「事前準備」の2つについて紹介していきます。

いくら発行スピードに自信がある楽天カードといえど、営業時間外に審査などを進めることはできません。

では、いつ申し込むのがベストなのでしょうか。

  • 営業時間内に申し込む
  • 繁忙期を避ける
  • 楽天IDをあらかじめ作っておく

営業時間内に申し込む

楽天カードの申し込みは、オンラインで24時間可能です。しかし、受付などを行うコンタクトセンターは、電話での営業時間は夕方までです。

審査業務もこの時間内に行われているものと推定されるため、夕方までに申し込むことでより早い処理が期待できます

繁忙期を避ける

楽天カードを最短発行させるために、申し込みは繁忙期を避けることも有効です。楽天カードはオンラインでの申し込みのため、申し込みそのものはいつでもできます。

ただし、年末年始や連休などは申し込み件数が増えたり、休日にはカード会社が審査業務にとりかかるまでに時間がかかったりすることがあるのです。

また、電話で問い合わせる場合などは、毎月27日の支払日は避けたほうが無難といえます。

なぜなら、電話がややつながりづらい時間帯があるからです。また、申し込みは27日以降の時期も避けることが望ましいでしょう。

楽天IDをあらかじめ作っておく

楽天カードを申し込みには、楽天会員のIDを作る必要があります。IDをあらかじめ作っておけば、カード申込時に名前や住所などが一部入力済みの状態になるので便利です。

ちなみに、楽天会員のユーザーIDは、そのまま楽天カード会員専用オンラインサービス「楽天e-NAVI」のユーザーIDとなります。

そのため、楽天会員のユーザーIDは適当に決めず、記憶しやすいものにすると良いでしょう。

申し込み時の入力項目・審査

もうひとつの気をつけたいポイントとして「申込時の入力項目・審査」について紹介していきます。ちょっとしたポイントを押さえるだけで、審査にかかる時間を短縮させることが可能です。

どのようなテクニックがあるのか見ていきましょう。

  • キャッシング枠はつけない
  • 嘘の申告はしない
  • 本人確認に対応する

キャッシング枠はつけない

楽天カードには、カードでの買い物に使う「ショッピング枠」とは別に、カードを使って現金をATMから借り入れできる「キャッシング枠」があります。

楽天カードをなるべく早く手に入れたい人は、このキャッシング枠を申し込まないようにしましょう。ショッピング枠とキャッシング枠はそれぞれに別の審査が必要になります。

キャッシング枠も申し込むとその分審査期間が長引く恐れがあるので注意が必要です。また、キャッシングは「年収の3分の1を超えて借り入れできない(総量規制)」と法律で定められています。

したがって、キャッシング審査には収入に関する厳しい審査が行われるため時間がかかります。キャッシング枠は、楽天カードを取得後に改めて申し込むことも可能です。

申込時にキャッシングを目的としない場合は、枠を0円としておきましょう。また、カード入会後の目的を入力する項目では、「普段のお買い物等に利用(ショッピング枠)」を選択することが無難です。

嘘の申告はしない

申し込みの際に入力する内容は、住所氏名から世帯年収、同居家族についてなど多岐に渡りますが、いずれも嘘の申告をせず、正直に入力することが重要です。

なぜなら、いくら嘘をついて高評価を受けようとしても、嘘は必ずばれてしまうので結果的に逆効果となるからです。

クレジットカード会社は信用情報機関などに問い合わせることで、ローンの有無や借入額、その他のカードの申し込み状況や支払い履歴などを知ることができます。

そのため、もしも申告内容と信用情報機関の問い合わせ結果が異なる場合は、審査に悪影響をおよぼすことになり、最悪の場合は審査落ちやブラックリスト入りの恐れも出てくるでしょう。

借入額などは確かにゼロ円が望ましいですが、嘘を申告するよりは正直に入力した方がまだ審査に通る可能性はあるといえます。

また、故意でなくとも信用情報と異なる情報を入力すると審査が長引く原因となるので要注意です。

申込時には入力内容に誤りがないかしっかりと確認することが重要です。

自分の信用情報は信用情報機関に問い合わせて、情報を開示することもできます。心配な場合は個人信用情報を一度見ておくのも良いかもしれません。

本人確認に対応する

楽天カードでは、申し込みをすると本人確認や在籍確認を行うことがあります。

理由は、申込者が本当にカードを申し込んだのかという意思確認をするため、あるいは申込者が申告通りの勤務先に在籍しているかの確認するためです。

ただし、実際にはこれらが必ず行われるとは限らず、電話がないまま審査に通過する人もいます。

しかし、たとえば未成年の学生であれば親権者に確認の電話が来る場合や、フリーランスなどの個人事業主であれば「事業内容の詳細を確認したい」などと、個別に電話がくるケースもあります。

確認の電話が来た際には、しっかりと電話対応ができるよう準備しておきましょう。電話に出ない限り審査は終了しません

ずっと電話に出ない状態が続くと、最悪の場合は審査に落ちてしまうかもしれません。

楽天カードは、高校生を除く18歳以上から申し込みが可能です。未成年であれば親権者にあらかじめ話しておくことが重要になります。

会社にクレジットカードや住宅ローンなどで在籍確認が入ることは珍しくありません。普通のことなので、会社の人事は気に留めていません。在籍確認をあまり気にしなくてもいいでしょう。

本人確認 在籍確認
配達時に本人が受け取る必要がある 勤務先にかかってくる、基本本人以外が出る

しかし、増枠を申請した場合も同様に審査があります。再度審査が行われ、本人確認あるいは在籍確認をする可能性も高まるといわれています。

楽天カード申し込みの流れについて

楽天カードをパソコンからネット申し込みしている様子

とても魅力的な楽天カードを早速申し込みたいという人もいるでしょう。楽天は店舗を持っていないため、申し込みはオンラインから行います

ここでは、楽天カードをオンラインで申し込む際の流れや申し込み方法を紹介していきます。

楽天カードの申し込み方法はネットのみ

楽天カードはオンラインからしか申し込みができません。そのため、インターネットが苦手な方には不向きかもしれません。

楽天グループの主な事業はネット通販などのオンライン事業です。楽天カードは楽天グループでお得になるカードなので、オンラインのお申込みとなっています。楽天会員にならないとカードが作成できないのもそのためです。

そのほかにも、オンラインからの申し込みのみとすることで店舗などの経費をかけずに、「入会ポイント」という形でカード会員に還元している点も挙げられます。

それでは、オンラインでの申し込みはどのような流れなのでしょうか。

楽天カードをオンラインで申し込む流れ

楽天カードの申し込みの流れ

  1. 楽天会員入会
  2. 楽天カード申し込み
  3. 申し込み完了メールが届く
  4. カード発行手続き完了のメールが届く(審査完了)
  5. カード発送

楽天カードを申し込んでから手元に届くまでの流れは、まず楽天カードの申し込みサイトへアクセスし、楽天会員は楽天カード入会ボタンをクリックしましょう。

楽天会員未登録の人は「楽天会員でない方」をクリックして、楽天会員の新規登録を行うことが必要です。楽天にログインをしたらカード申し込みに必要な項目を入力していきましょう。

必要事項の入力が完了したら利用規約と入力内容の確認を行い、楽天に送信します。

カード会社に情報が送信されたら、後は審査結果が出るのを待ちます。審査結果などの情報はメールで届くので、メールはこまめにチェックしましょう。

楽天に送信した後は割とすぐに「お申し込み受付のお知らせ【楽天カード株式会社】」という題名の申し込み完了メールが届きます。

この後に審査が始まり、必要であればカード会社から電話での「本人確認」などが行われることが一般的です。

審査に通ればメールで「カード発行手続き完了のお知らせ」という題名の審査完了通知が届きます。

その後は「【重要】契約内容のご案内」という契約内容に同意したことを確認するメールが届くので、メール内のリンクをクリックし内容を確認しましょう。

それから、「【楽天カード】楽天カード HOW TO メール」という楽天カードの使い方について書かれたメールが届いたり、
「カードお届け直前のご案内【楽天カード株式会社】」というカードに関する情報が書かれたメールが届いたりします。

こちらのメールには、配送会社を確認するためのURLと確認用IDの記載、入会ポイントの受取方法が記載されています。

配送方法は佐川急便の「受取人確認配達サービス」、郵便局の「本人限定受取郵便」「簡易書留」のいずれかです。

楽天カードの仮カードは発行されない?

ビックカメラSuicaカードやルミネカード、イオンカードなどは本カードの即日発行はできないものの、使用範囲・用途が限定的な仮カードを即日発行で受け取ることが可能です。

しかし、楽天カードには残念ながらこのような仮カードは存在せず、即日発行をすることもできないのであらかじめ注意しておきましょう

学生向けのアカデミーなど、いずれの楽天系クレジットカードも同じで、仮カードは発行されません。追加カードである家族カードも同様です。

「どうしてもカードが届くまでにショッピングをしたい」といった場合は、即日発行可能なクレジットカードを探すほか方法はありません。

カード名 仮カード発行 即日発行
楽天カード × ×
イオンカード ×
ACマスターカード ×

楽天カードのETCカードは同封ではなく後日届く

ETCカードの有無で結構な違いがある様子

楽天カードと一緒に、ETCカードを申し込む人も多くいます。ETCカードは楽天カードに同封されて送られて来ない点も気をつけましょう。また、楽天カードのETCカードも即日発行はできません。

楽天カード申込時、あるいはカード取得後に申し込みをしてから通常2週間ほどで郵送されます。

楽天ETCカードは年会費が540円(税込み)かかりますが、楽天ブラックカード、楽天プレミアムカード、楽天ゴールドカードに付帯しているETCカードを申し込めば、年会費は無料となります。

カードの種類 年会費
楽天カード 540円
楽天ゴールドカード以上 無料

さらに、楽天Point Club会員ランクがダイヤモンド・プラチナ会員の人であれば、ETCの年会費が初年度無料になる特典があるので有効的に活用しましょう。

そのため、楽天カードのETCカードは、状況に応じて検討するのが賢い方法といえます。

楽天カードの特徴とは?お得なメリットがたくさんある!

カードを利用するとポイントが貯まりやすいことを表している

まずは、楽天カードの大まかな特徴についておさらいしておきましょう。

  • 100円の利用で1ポイントたまる
  • 楽天市場、加盟店でもらえるポイントが最大3倍
  • 本会員、家族会員ともに年会費無料

楽天カードはポイント還元率が高いことで知られています。基本的には100円の利用で1ポイントが貯まる、ポイント還元率が1%のカードです。

さらに、楽天市場で買い物をすることでポイントが最大3倍になるのでもっとお得です。また、街中の加盟店舗で使ってもポイントが最大3倍とお得な場合があります。

こんなにお得なのにもかかわらず年会費が本会員、家族会員ともにずっと無料なのが楽天カードの魅力です。

楽天カードは電子マネーの楽天Edy・楽天ポイントカードの機能と一体なので、支払いも便利かつ素早く行えるメリットがあります。

加えて、券面デザインを複数の中から選べたり、※新規入会&利用キャンペーンで最大5000ポイント以上ももらえたりと、新規入会する上での魅力も多いです。

さらに、楽天グループの楽天銀行で「楽天銀行スーパーローン」があります。審査は別ですが楽天カードキャッシングより低金利です。キャッシングをつけずに別にカードローンを申し込む方法もあります。

このスーパーローンは、入会するだけで1000ポイントもらえるほか、利用残高に応じて500〜30000ポイントが月々もらえます。

※(キャンペーン内容は時期によって異なるためご注意ください。)

楽天銀行
スーパーローン

  • アルバイトでもOK!
  • 手元にある口座に入金可能
  • 入会したら楽天ポイントがもらえる
メリット
  • 20~62歳の日本国内居住の方限定
  • 事業性資金での利用は不可
デメリット
楽天会員である
楽天会員ではない

楽天カードが届くまでに日数がかかる場合もあるので早めの申し込みを

楽天カードは他のクレジットカードよりも、比較的早く手元に届くといえます。

しかし、郵送や審査などの条件によっては時間がかかる場合もあるため、時間に余裕を持ってカードの申し込みをするのが賢明です。

また、どうしてもすぐにクレジットカードが必要であれば、即日で手に入るクレジットカードに申し込むのも一つの手です。

状況に合わせて、自分に合ったクレジットカードを申込みましょう。

関連記事

ライフカード審査に落ちた…考えられる5つの原因と2枚の代替カード

「ライフカードの審査に落ちた…なぜ落ちたか理由が知りたい」 ラ…

ACマスターカードまとめ|3つの重要な審査基準と即日発行の流れ

「ACマスターカードってどうなの?」「何社か審査に落ちてしまって困ってるんだ…

【監修済】楽天カードの審査に落ちた7つの原因と今しかできない対策

「楽天カードの審査は甘いって聞いたけど審査に落ちた…原因はあの時の滞納?キャ…

JALカードの審査が遅くて間に合わない!2週間も待てない時の対策

「JALカードで航空券を買おうと思ったのにカードがまだ届かない…」 …

えっ!Yahoo!JAPANカードが審査落ち…年収100万でも通った3つの条件

「Yahoo!JAPANカードの審査に落ちた…」「PayPay使いたかったのに…」 …