最終更新日:2018/10/26

楽天カードから利用停止通知…復活させる対処法と6つのエラーコード

楽天カードから利用停止が来てる…

いつ、どうすれば利用再開できるの?

楽天カードが利用停止になった原因は大きく分けて6つあります。

それぞれの対処法はありますが、磁器不良等のカードに関する不具合で一時的に利用が出来ない状態なら再発行を申請しましょう。

過去の滞納や複数のクレジットカードを同時に申し込んだことによる途上与信が否決になった場合は手元にある楽天カードは最低5年間は利用できません。

この記事で利用停止に関する6つの原因と対策を明らかにして最短で手元にある楽天カードを復活させましょう。

楽天カードの利用停止が復活できる場合、できない場合と適切な対処法

  1. 現在、滞納があり利用停止になっている場合は早急に返済して入金したことをコールセンターに連絡する
  2. 磁器不良やカードの不具合は楽天e-NAVIから再発行手続きをする
  3. 何度も滞納を繰り返して利用停止通知が来た場合は強制解約手前のため復活不可能

楽天カードを滞納すると支払い期日の次の日からカード会社は利用停止措置を取ります。

支払いが滞っていると最悪の場合、強制解約…いわゆるブラックリスト入りです。

ブラックリストにならないためにも1時間でも早くすることを返済、連絡をすることをおすすめします。

楽天カードの滞納金が完済できない…そんなときの3つの対処法

滞納金返済分のお金を準備する3つの方法

  1. 親・知人にお金を借りる
  2. 短期バイトなどでお金を貯める
  3. カードローンで一時的にお金を借りる

親や知人に借りるという方法は一番確実な方法です。しかし滞納していることを親や知人に相談してお金を貸してもらうことは抵抗があるでしょう。

借りられない場合は短期バイトでお金を稼ぐという方法もありますが、時間がかかります。

先ほども紹介しましたが、滞納金は返済までの時間を延ばせば延ばすほどブラックリストになるリスクが高まっていくことを考えると、短期バイト1日で完済できる金額でない場合はおすすめしません。

これらの方法が難しいときの最終手段として紹介するのが「カードローンで一時的にお金を借りる」という方法です

当サイトがおススメするカードローンはアイフルのカードローンと楽天銀行のカードローンです。

アイフル 楽天銀行のカードローン
  • 最短30分審査
  • 即日融資可能
  • はじめての融資なら30日間利息なし
  • 現金で解決する問題なら
  • 持っている口座がそのまま使える
  • 1万円から借入れ可能
  • 当サイト申込数No.1

詳細を見て申し込む

新規入会で
楽天ポイントゲット

延滞が解消してコールセンターに連絡をしましょう。カード会社側が確認をして問題がなければ楽天カードは復活します。

楽天カードのエラーコード別に紹介|原因と対処法

楽天カードが使えなくなったとき、完全にカード自体の機能が止められている場合やカード事態に不具合が起きてしまっていて連絡さえすれば使えるようになる場合など様々です。

まず楽天カードが使えなくなっていることに気づいたら、会員専用サイトの楽天e-NAVIにログインしてどんなエラーコードが出ているか確認しましょう

どんなエラーコードが出ているか確認すると原因がわかります。エラーコード別に、それぞれどんな意味なのか説明します。

エラーコード 利用停止の原因
エラーコード1 カードが利用停止になっている
エラーコード2 強制解約になっている
エラーコードA 料金未納によりネットキャッシングの機能停止
エラーコードC サービス対象外の申し込みをしている
エラーコードM 年収が理由でショッピング枠・キャッシング枠をこれ以上増額できない
エラーコードG 年収以外の何らかの理由でショッピング枠・キャッシング枠をこれ以上増額できない

これから各エラーコードについてさらに詳しく説明していきます。

エラーコード1

楽天e-NAVIでチェックして、「このカードはサービス対象外となっております。(エラーコード1)」と表示された場合は、カードが利用停止になっていることを意味します。

楽天側から何らかの理由で「リスクのある客」と判断され、利用停止にされてしまったということです。主な原因として考えられるのは「延滞」と「途上与信」です。

「延滞」の場合は、延滞を解消することで利用再開できる可能性があります。「途上与信」については、後に説明します。

エラーコード1の場合は、まず「問い合わせ」をして何が原因なのか確認しましょう。原因が「延滞」であれば、振込先や支払金額(手数料・遅延損害金も加算した金額)を確認し、速やかに延滞状態を解消します。

エラーコード2

「このカードはサービス対象外となっております。(エラーコード2)」と表示された場合は、楽天カードが強制解約になってしまっていることを意味します。

この表示が出たときは、すでに強制解約の処分が確定しています

エラーコード1やエラーコードAの「利用停止」からここに移行することも多く、表示された時点で、すでにカードの復活可能性はゼロです

この場合は、他社カードを新たに作成するしかありません。

エラーコードA

「このカードはサービス対象外となっております。(エラーコードA)」と表示された場合は、料金未納によりネットキャッシングの機能を停止されていることを意味します。

料金未納がなくても、キャッシング枠がゼロになっているのに、ネットキャッシングに申し込んだ場合にも表示されます

コンタクトセンターに連絡をし、遅延損害金も含めた金額を早急に支払えば、カードが再使用できる可能性はあります。

エラーコードC

「このカードはサービス対象外となっております。(エラーコードC)」と表示された場合は、サービス対象外の申し込みをしているということを意味します。

このメッセージが表示されるには2パターンあります。

  1. 楽天の内部システムにエラーが発生しているときに、カード決済を行おうとした場合
  2. 1度だけ利用可能なサービスを再度利用としようとした場合

そのまましばらく待っていれば、楽天側で解消して自動的に使用再開できることも少なくありません。

心配な場合は一度コンタクトセンターに問い合わせてみて、どうすればいいか指示を仰ぐようにしましょう

エラーコードM

「このカードはサービス対象外となっております。(エラーコードM)」と表示された場合は、年収が理由でショッピング枠・キャッシング枠をこれ以上増額できないことを意味します。

ショッピング枠・キャッシング枠の増額申請をe-NAVIから行ったけれど、年収要件をみたすことができずに審査に落ちてしまい、利用停止になってしまったというケースです

対策としては「年収額」を上げることが必要になります

まずは、年収額が現在の額に合っているか確認しましょう。どうしても増枠をしたい場合でも、嘘の申告はしないほうがよいです。

エラーコードG

「このカードはサービス対象外となっております。(エラーコードG)」と表示された場合は、年収以外の何らかの理由でショッピング枠・キャッシング枠をこれ以上増額できないということを意味します。

エラーコードGの原因は1つではありません。このコードが出てしまったら、コンタクトセンターに連絡をして、増額してもらえない理由を聞いてみましょう

もっとも、問い合わせをしても必ずしも理由を教えてくれるわけではありません。「総合的な判断で」と言われて終わってしまう可能性もあります。

楽天カードが利用停止(エラーコード1)された原因とは?

ではここからエラーコード1が出た場合の原因と対処法について説明していきます。カードが利用停止されるのには、いろいろな原因が考えられます。自分の場合はどれに当てはまるかチェックしてみましょう。

延滞

利用停止の原因として最も多いのが「滞納」です。楽天カードの場合、滞納すると翌日から利用停止となってしまうので注意が必要です

滞納がある場合、利用停止状態を解決するための唯一の方法は「滞納金を完済する」ことです。

このまま滞納金を完済せずに期間を伸ばしていくとどどんどん悪影響が大きくなっていきます。

滞納金の完済を延ばした時の3大悪影響

  1. 現在使っているクレジットカードが使えなくなる
  2. 他のカードローンの審査に通らなくなる
  3. 家・車のローンが組めなくなる

また、延滞で発生する「遅延損害金」もばかにできません。ショッピングの場合は年率14.6%、キャッシングの場合は年率20.0%の利率でかかってきます。

たとえば、10万円を1カ月(30日)延滞すると、ショッピングでは、10万円×14.6%×30日÷365日=1200円が遅延損害金です。キャッシングでは、10万円×20%×30日÷365日=1643円が遅延損害金となります。

もし、ショッピングもキャッシングも延滞している場合は、それぞれに遅延損害金が発生します。一刻も早く支払うために、まずは正確な金額と支払い方法を確認しましょう。

利用限度額一杯に使った

もし限度額まで使ってしまっていて、早く限度額を戻したい場合は、一括返済や一部返済などの先払い手続きを取って何かの支払いを行わない限り、限度額は復活しません

しかし「手元に一括支払いができるだけのお金がない…」という場合に手元にお金を調達する方法として

利用限度額を超えている場合は、利用停止されるのは当然です。しかし、支払日の27日にちゃんと請求金額を支払ったのに限度額が戻っていないという場合は、支払方法に楽天銀行の自動振替を使っていないからかもしれません。

実は、支払い日当日の支払いが限度額に反映されるのは、楽天銀行の自動振替のみです。ほかの銀行を指定口座にしている場合や振り込みでの支払い、コンビニでの払いの場合には、支払日当日には限度額に反映されません。

少なくとも1営業日以上かかる仕組みなので注意が必要です。

カードの磁気不良

ネットではなく、店舗でカードを使おうとしてエラーが発生した場合は、もしかするとカードの「磁気不良」かもしれません。カードの裏面にある黒い磁気部分は、長い間使っていると破損したり汚れたりすることがあります。

また、金属など磁気の強いものに触れてしまうと、磁気が狂って読み取れなくなるケースもあります。この場合は、カードの再発行を申請すれば、またカードが利用可能です。

再発行の申請は、e-NAVIの「カードの再作成・再発行」から行うことができます。申請理由を入力するところがあるので、「カードの破損」「磁気不良」「読み取り不良」を選択しましょう。

再発行したカードが手元に届くのに、2週間ほどかかります。

不正使用の疑い

利用停止の理由として「不正使用の疑い」というものもあります。不正使用が疑われるのは、短期間に何度も新幹線の回数券や金券、貴金属類、電化製品やパソコンなどの高額商品を購入した場合です

怖いのは、本人に何もヒアリングすることなく利用停止になったり、時には強制解約になったりしてしまうケースもあることです。

エラーコード1の場合は、不正使用ではないことを伝えれば利用再開できる可能性が高いので連絡しましょう。

どうすればいいのか悩んでしまいますが、他社のカードを作ることは十分可能です。なぜなら、このようなケースでは楽天側が一方的に判断して強制解約しているので個人の信用情報は傷ついていないからです。

ほかに延滞などしていない限り、他社のカード審査には通る可能性が高いでしょう。

途上与信

「途上与信」というのは、一度審査に通って楽天カードを使っているユーザーに対して使用実績の途中経過を見ながら「これからもこのユーザーに楽天カードを使わせていいか?」という意味で行う審査のことです

いわば入会後に行われる抜き打ち審査のことです。途上与信は、カードの利用停止・解約原因としては延滞と同じくらい多くあります。審査は入会後も「利用可能額」の増額などで随時行われます。

その際になにか問題が発見されて、カードが利用停止されてしまうケースが少なくありません。再審査が行われるのは、主に下記のようなときです。

  • 契約から半年経過したとき
  •  
  • キャッシングの利用時やキャッシング枠がなかった人がキャッシング枠の新規申し込みをしたとき
  •  
  • ショッピング・キャッシング枠の増額申請を行ったとき
  •   
  • カードの契約更新時
  • 増額申請をしただけなのに、カードまで停止されてしまったり、ひどい場合は強制解約されてしまったりするというケースも中にはあるようです。

    特に、借入残高が10万円以上ある場合にキャッシングを利用した場合は注意しましょう。この途上与信は、法律で定められている「法定途上与信」で、3カ月に1度実施されます。

    直近1カ月内に5万円以上の借り入れを行い、かつ借入総残高が10万円以上の場合と、5万円以上の借り入れはないが、借入総残高が10万円以上の場合に行われるものです。

    なお、入会時の与信審査より、途上与信の審査の方が基準としては厳しめですが、これには入会数を増やすためという理由があるようです。

    楽天カードが利用停止になった場合の利用再開時期はいつ?

    自動再振替の場合、指定口座が楽天銀行の場合は当日から翌日、楽天銀行以外の場合は通常2~4営業日後に利用再開できます

    次に、銀行振り込みの場合は入金確認日の当日~4営業日後に利用再開できます。注意したいのは、楽天側が入金確認した日からという点です。振り込みを行った日が入金確認日とはなりません。

    コンビニ払いの場合は、入金確認日の当日~4営業日後に利用再開できます。こちらも「入金確認日」からなので注意しましょう。

    ただし、入金して延滞解消しても、過去に何度も延滞していたり、はじめての延滞でも2週間以上滞納していたりすると、楽天カードが復活しないケースもあります。

    関連記事

    クレジットカードの支払い遅れ、何回までOK?回数別危険度まとめ

    「しまった…またカードの支払い遅れちゃった」 「もう連続3回目…何かヤバ…

    クレジットカードの滞納は危険!3つの悪影響と絶対やるべき対処法

    クレジットカードの利用停止は強制解約一歩手前!利用再開に必要な対策

    「え…カード会社から一方的に利用停止された…」「

    dカードが支払い遅れ…やればよかった一時的完済と滞納した最悪の末路

    「dカードの支払い期日が過ぎてる…」 dカードの支払いが遅れてし…

    強制解約後のクレジットカードは再開不可!知っときゃよかった代替策

    「いつの間にか強制解約になってる…」「復活はもう…