最終更新日:2017/12/15

LEncoreカード審査情報│知らないと次も危ない4つのポイント

エルアンコールカードの審査に落ちるなんて思ってなかった…

ここでは審査に落ちた後にどうすれば良いか、エルアンコールカードの基本情報について紹介します。

エルアンコールカードの審査に落ちて困っている時の対処法

  • 絶対にカードが欲しいなら審査基準の違うものを選ぼう。
  • すぐに現金が必要ならカードローンに申し込もう。

すぐにカードが欲しいなら審査基準が違うACマスターカード

クレジットカードに付帯されているキャッシングを利用して一時的に現金を引き出したい、即日現金が必要ならアコムのカードローンのほうがおすすめです。

サービス名 メリット デメリット
ACマスターカード
  • 買い物時に「一括で」と伝えても自動的にリボになる
  • 積極的に新規発行中
  • 海外でも使えるMasterブランド
  • 支払い方法がリボ払い一つのみ
  • ポイント付与がない
アコムのカードローン
  • インターネットで申込可能だから人に会わない
  • 1万円~800万円まで借入可能
  • 審査時間最短30分
  • 初回金利0円の条件は返済期日を35日ごとに設定
  • 返済日に遅れた場合に発生する遅延損害金が利息20%と高め
ACマスターカード アコムのカードローン
  • 審査基準が楽天カードと違う
  • 申し込み前にカードが発行可能かわかる
  • 即日発行可能
  • 当サイトからの申込数No.1
  • 現金で即解決する問題なら
  • アルバイトも20歳以上ならOK
  • 1万円から借り入れ可能
  • 土日祝日も申込可能

一時的な利用なら初回金利0円が最適

高額な買い物ならクレジットカードよりカードローン

金利(平均)
クレジットカード
  • キャッシング枠:15~18%
  • ショッピング枠:12~15%
  1. 1,479円※
  2. 1,232円※
カードローン
  1. 1.9~14.5%
  1. 1,191円※

※10万円を30日間借りた場合の利息(金利最大)
クレジットカード:金利18.0%
カードローン:金利14.5%

※当サイト調べ(17社の平均)

ここからはLEncoreカードの詳細情報を紹介していきます。

ローチケ.comではLEncoreカード会員が有利

LEncoreカードは株式会社セディナが発行するローソンチケット会員のためのクレジットカードです。

ローソンのチケット販売サイトである「ローチケ.com」ではいくつかの会員制度がありますが、その中でも最もチケット購入が有利になるのがLEncoreカードを発行したクレジットカード会員です。申し込みから審査までの時間も早く、手続きが簡単なことも特徴です。

ローソンの会員制度

ローソンが運営するチケット販売サイトの「ローチケ.com」では、下記の三種類の会員制度があります。

  • 「LEncore会員」
  • 「モバイル会員」
  • 「ローソンWEB会員」

このうちLEncore会員はクレジットカードを発行し年会費を払うというかなり本格的なものになっています。

ローソンWEB会員は年会費無料で入会できますが、先行予約ではLEncore会員・モバイル会員の次という扱いになっています。最もチケット情報や予約に有利なのがクレジットカード会員であるLEncore会員なのです。

LEncoreカード会員の特典と特徴

LEncore会員になるためには、まずローチケ.comにある専用の登録フォームから申し込みをします。その後すぐにセディナでの審査に入るので、特に問題がなければすぐに発行となります。最も早い人では夜に申し込みをしたら翌朝9時には審査通過の連絡があるというくらいです。

クレジットカード会員になるとローチケ.com内の情報を閲覧できるWEB会員になり、チケット購入はファンクラブ入会手続きを手軽に行うことができるようになります。他にも限定アイテム購入などファンならば絶対に抑えたい優待が満載です。

年会費は1,500円(税抜)でモバイル情報料が無料

LEncoreカード会員になるときにちょっと気になるのが年会費です。ショップ系のクレジットカードなどでは無料で発行可能なものも多数見かけられるので、年会費で1,500円(税抜)かかってしまうのはちょっと高いようにも感じます。

ですがLEncoreカードに入会しないモバイル会員の場合、モバイルでの情報+先行購入を受けるためには月額200円(税抜)の会費が発生するため、実質年間で2,400円の会費が必要になってしまいます。

既にモバイル会員という人なら、カード発行だけで年会費を安くできます

LEncoreカード会員のみの限定先行販売もある

LEncoreカード会員はローチケ会員の中でも最も優先的に扱われるようになっており、「LEncore会員限定先行」という最速の申し込みを受けることができます。

先行販売のチケットには大人気のビッグアーティストのライブだけでなく、人気映画の最速上映会や各種イベントなど広い範囲で取り扱いがされますので、どのジャンルのファンにとっても大変使いやすいものになっています。

4種類の先行予約が可能なのはLEncoreカード会員だけ

有料サービスのローチケモバイル会員(月会費200円+消費税)に無料登録可能です。これだけで年会費のもとはとれるといっても過言ではありません。

ローチケ.comの先行販売である「プレリクエスト先行予約」「プラチナ先行予約」「モバイル会員先行予約」「LEencore会員限定先行予約」の4つ全ての先行予約に参加できるのは、LEncoreカード会員だけです。LEncoreカードを持つことによて、チケット入手のチャンスが一気に上がりますね。

ポイントプログラムと付帯保険も充実

セディナカードとして発行されるLEncoreカードでは、共通のポイントプログラムを利用することができます。セディナ/OMCのポイントプログラムでは月ごとの利用料金に応じてポイント計算がされるようになっており、200円ごとに1ポイントが付与されます。

貯まったポイントは買い物時の決済にあてることができる他、クレジットカード会員限定の豪華景品と交換をすることもできるようになっています。提携店舗ではボーナスポイントデイもあります。

国内・海外での旅行保険もついてきます

クレジットカード発行をしたときには別に手続きをしなくても旅行時の保険が自動的についてきます。保険は海外旅行保険と国内旅行保険があり、いずれも旅行中に傷害・病気が起きたときの治療費を補償するものです。

保険名 最高補償金額 条件
海外旅行保険 1,000万円 自動付帯
国内旅行保険 1,000万円 利用付帯
ショッピング保険 50万円 自動付帯

海外旅行保険は条件なしに使える「自動付帯」ですが、国内旅行保険は旅費にそのカード決済をしていなければ使えない「利用付帯」となるので利用をするときには気をつけてください。

他にも買い物をした商品が盗難・破損したときに補償を受けられるショッピング保険も最高50万円分ついてきます。

【まとめ】ローチケ.comを使うなら持っておきたいカード

LEncoreカードはローチケ.comを使うときに絶大な威力を発揮するカードです。

人気のイベントやライブのチケットはかなり競争率が高くなることも多いので、そうしたときに優先的に抽選に申し込むチャンスがあるかどうかでかなりとれる可能性が変わってきます。

クレジットカード会員になればモバイル会員とWEB会員のサービスに加えて優先権が与えられるのでとても便利です。

クレジットカードとしての機能も申し分なく、保険の付帯やポイントについてもお得に使っていくことができます。

ただローチケ以外の場面でのクレジットカード決済においては還元率は通常0.5%~となっており決して高いとはいえません。より上手にポイントを貯めていくためには提携店のポイントデーなどをチェックして一気に貯めてしまうような工夫が必要です。

関連記事

楽天カードが届くまでは最短で1週間…すぐに必要な場合の一時的措置

「楽天カードに申し込んだのにまだ届かない…いつ届くの?」 急に…

えっ!Yahoo!JAPANカードが審査落ち…年収100万でも通った3つの条件

「Yahoo!JAPANカードの審査に落ちた…」「PayPay使いたかったのに…」 …

【監修済】楽天カードの審査に落ちた7つの原因と今しかできない対策

「楽天カードの審査は甘いって聞いたけど審査に落ちた…原因はあの時の滞納?キャ…

ライフカード審査に落ちた…考えられる5つの原因と2枚の代替カード

「ライフカードの審査に落ちた…なぜ落ちたか理由が知りたい」 ラ…

イオンカードの審査落ち…審査に通る為の半年間の過ごし方3選

「イオンカードの審査に落ちてしまったけど、どうしても手に入れたい!」…