最終更新日:2017/11/17

イタリア旅行では、不正利用されないか考えながらクレジットカードを利用しました。

VISAブランドのクレジットカードは海外でも普通に使えます。

ツアーでイタリア旅行に行ったとき、持って行ったクレジットカードは1枚で、visaカードでした。他にもカードは数種類持っていますが、visaカードは世界中で使えるというCMのうたい文句などをよく目にしていたので、海外でも使えるショップが多そうだと思い持っていくことにしました。

事前に見ていたガイドブックに、海外はクレジットカードを使う際、金額をよく確認してからサインすることと書いてありました。日本ではお店でカード利用金額に不正に上乗せするという事件は今まで聞いたことがないのですが、海外では油断しているとそのようなこともあるということでした。そこで、普段はサインする前に金額をちらっと見る程度ですが、金額を1の位までよく確かめてからサインするように注意しました。

海外で、不正利用がされないかクレジットカードを使う時に注しました。

他にも、カード裏面にサインする際はアルファベットではなく漢字で書く、しかも丁寧な字ではなく普段書いている崩した文字のほうがいいということも聞いていましたので、そのようにしていました。海外でカードの盗難などにあった場合、崩した漢字のサインでは外国人が容易に真似できないからという理由でした。

実際、イタリアのヴェネツィアの文房具屋さんやカバンを扱う店で、1万円以上の買い物をする際に、クレジットカード支払いをしましたが、普段日本で使っているのとは違って何となく緊張しました。海外旅行に慣れていないせいもあり、色々な犯罪行為の事例を事前に聞いて、「騙されないぞ」という気持ちで硬くなりすぎていたかも知れません。

現地の現金は少額の買い物に使いましたが、「大金を持っているところを見られてはスリなどに狙われるので、小銭とは別の財布を持つようにしたほうがいい」などと言われ、財布を出すだけで妙に緊張したものです。また現地の現金に換える両替にも手数料や手間がかかるので、なるべくクレジットカードやトラベラーズチェックを利用するようにしました。

海外でクレジットカードを使うメリットは両替の手間が省けることだと思います。

海外でクレジットカードを利用する際のメリットは、やはり両替の手間がなく買い物できるところです。現金をたくさん持っているのも不安ですし、足りなければ両替しなければなりません。私のように海外に慣れていない人間には、現地で両替所を探すのも大変ですし、両替するにも外国語が話せなければ不安です。カードだとそういった不安要素がなくなるので大変重宝しました。

私は利用しませんでしたが、どうしてもお金が足りなくなったときにキャッシングできるというのも心強く感じました。

関連記事

海外で使うクレジットカードの国際ブランドはVISAとMasterがおすすめ

海外でのクレジットカードの利用する場合、やはりクレジットカードは国際ブランドがオススメです。…

日専連ゴールドカードは海外で緊急再発行も可能!特典5つ解説

日専連JCBカードゴールドカード

MileagePlusセゾンプラチナカードは旅行サービスが充実

プラチナカード比較などでも必ず高いランキングで紹介されるのがMileagePlusセゾンプラチナカードです…

アメリカのロサンゼルスで、会計をクレジットカードで支払わず、レ…

目次クレジットカードを持った理由はロサンゼルス留学アメリカでは現金を出すと、嫌な顔をされるくらいカード会社でした。財布を盗難されJCBカードに連絡して利用停止海外では、買い物や食事もクレジットカードが ...

シティバンクのプラチナカードを1年間保有、海外旅行ならメリット…

シティバンクのプラチナカードを1年間保有、コンシェルジュサービスで嵐のコンサートチケットを要求したが手に入らず 銀行の関係で1年間だけシティバンクのプラチナカードを保有していました。 年会費は3万5千 ...